DNP、業界新聞のデジタル化販売を開始……第一弾は食品・飲料、建築・住宅専門紙 | RBB TODAY

DNP、業界新聞のデジタル化販売を開始……第一弾は食品・飲料、建築・住宅専門紙

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「デジタル新聞ダイレクト by honto」トップページ
  • 「デジタル新聞ダイレクト by honto」トップページ
  • 誌面例(上:一面をズームしたもの、下:見開きページ)
 大日本印刷(DNP)は8日、パソコンや携帯端末で専門紙・業界紙の新聞が閲覧できる有料の会員制デジタル新聞販売サービス「デジタル新聞ダイレクト by honto」を開始した。第一弾として、「食品・飲料」「建設・住宅」専門紙・業界紙のデジタル版17紙(12社)を販売する。

 「デジタル新聞ダイレクト by honto」は、紙の新聞とほぼ同じタイミングで購入でき、紙面と同じレイアウトのデジタル版を閲覧できるサービス。会員登録後に会員IDでログインし、デジタル化された新聞をダウンロードして、パソコンやAndroid搭載端末、iPhone、iPadなどで閲覧可能。

 第一弾として、食品・飲料分野では「日本食糧新聞」「日食外食レストラン新聞」「百菜元気新聞」(日本食糧新聞社)、「日本外食新聞」「外食日報」(外食産業新聞社)、「醸造報知」(醸造報知新聞社)、建設・住宅分野では「建設通信新聞」(日刊建設通信新聞社)、「週刊住宅」(週刊住宅新聞社)、「インテリアビジネスニュース」(インテリア情報企画)、そのほか「文化通信」(文化通信社)、「見本市展示会通信」(ピーオーピー)など、17紙(12社)を販売する。なお一部はデジタル版専用のダイジェスト版となる。

 今回プレオープンサービスとして、6月1日までに会員登録すると、この期間中は無料で閲覧することが可能となる。6月2日以降は、「1部売り」「月極め定期購読」「複数紙の同時購読」などの購読形態に応じた料金メニューが選択可能。法人契約の場合は、複数の人が同時に購読できるプランが提供される予定。今後は、地方紙やスポーツ紙、夕刊紙や全国紙へサービスの拡充を図る方針だ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top