今年は冷夏で過ごしやすい?……各企業で「クールビズ」が今年もスタート | RBB TODAY

今年は冷夏で過ごしやすい?……各企業で「クールビズ」が今年もスタート

エンタープライズ 企業

環境省「クールビズ(COOL BIZ)」ページ
  • 環境省「クールビズ(COOL BIZ)」ページ
  • エルニーニョ現象発生時の夏(6~8月)の天候の特徴(気象庁サイトより)
 ゴールデンウィークが終わり、本日7日が業務の再スタートという企業も多い。これにともない一部企業では、「クールビズ」を開始している。一方で、今年は冷夏の可能性が高まっている。

 気象庁が定期的に発表している「エルニーニョ監視速報」だが、その最新版(No.258-2014年2月)が3月10日に発表。それによると、2014年の夏は、「平常の状態が持続する可能性もあるが、エルニーニョ現象が発生する可能性の方がより高い」とされている。

 エルニーニョ現象は、太平洋赤道付近の海域(ハワイ諸島の南の赤道域からガラパゴス諸島に至るまで)において、海面水温が平年よりも5度程度高くなる現象を指す(逆に低くなるのは「ラニーニャ現象」と呼ばれる)。エルニーニョ現象が発生すると、日本は「冷夏暖冬」になる傾向がある。降水量が増え、日照時間が短くなるからだ。

 環境省では「室温28度でも快適に過ごす」ことを目的としたビジネススタイル「クールビズ」を推進している。5月1日から10月31日までがその期間だ。さらなる軽装を奨励する「スーパークールビズ」も6月1日からスタートするが、今年は比較的快適に過ごすことができるかもしれない。

 なお本日7日は、日本の大部分で晴れの1日になる。九州から関東は最高気温が23度前後の予想で、夏日となるところもある見込みだ。なおすでに沖縄は梅雨入りしており、曇りの可能性が高い。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top