UKロックの重鎮ポール・ウェラーの息子が邦楽アーティストとして日本デビュー | RBB TODAY

UKロックの重鎮ポール・ウェラーの息子が邦楽アーティストとして日本デビュー

エンタメ 音楽

日本デビューするナット・ウェラー
  • 日本デビューするナット・ウェラー
  • ポール・ウェラー(左)の息子ナット
 ザ・ジャムやスタイル・カウンシルなどのバンドを経て、現在もソロで活躍するUKロックの重鎮ポール・ウェラーの息子ナット・ウェラーが、日本デビューすることがわかった。6月25日に日本デビュー作となるミニアルバム(タイトル未定)がリリースされる。

 ナットは1988年イギリス生まれの現在25歳。UKロックの大御所ポールを父に、そしてスタイル・カウンシルでも活躍したシンガーのD.C.リーを母に持ち、音楽一家に生まれ育った彼は、イギリスでDJやモデルとして活動。その傍ら、10代の頃に父親のツアーで日本を訪れた際、日本の音楽・文化・ビジュアルに大きな影響を受け、JPOPやJROCKなどの邦楽アーティストを志望するようになったという。以降、ロンドンで日本語学校に通ったり、今もプライベートレッスンを受けて日本語を勉強し、仕事やプライベートでの来日回数も50回を超える日本ツウ。日本の音楽については「メロディラインが美しいのにサウンドはヘビーロックやEDMなど独自のスタイルが印象的」と語る。

 父ポールについては、「父親であり、いつもサポートしてくれて僕を信じてくれてる。父のサポートが無かったら、何も出来なかったし、日本にも来れなかったと思う。とても尊敬している」とコメントしているナット。最近は自分が気に入った日本のバンドなどを父親に紹介したり聴かせたりし、よく音楽の話しをするようになったという。なお、父ポールからは「日本でライブする時には駆けつけるよ」との応援メッセージが届いている。

 今作のミニアルバムの収録曲は、全6曲を予定。今月18日からレコーディングの為に来日しており、リード曲の「BURNING IN THE LIGHT」(作詞:ナット・ウェラー/日本語詞・作曲: YOW-ROW)について「今、この瞬間を楽しんで欲しい!というイメージの曲を歌いたかった。この曲を聴いて、一晩中、自由になって楽しんで欲しいね」とコメント。ミニアルバムの収録曲については、「恋愛についての曲やパーティー・チューンなどいろいろあるし、日本語でも英語でもレコーディングするから、期待して楽しみに待ってて欲しい」とのことだ。
《花》

関連ニュース

特集

page top