東芝、ラゾーナ川崎「kakimoto arms」店舗でバーチャル試着に関する実験を開始 | RBB TODAY

東芝、ラゾーナ川崎「kakimoto arms」店舗でバーチャル試着に関する実験を開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

大型ディスプレイを使ったバーチャル試着
  • 大型ディスプレイを使ったバーチャル試着
  • タブレットを使ったコーディネート画面
  • 実験内容
 東芝、東芝ソリューション、柿本榮三美容室(kakimoto arms)は22日、ヘアスタイルやパーソナルカラーに合わせた服をバーチャル試着することによる実店舗への送客効果に関する実証実験を開始した。

 川崎市のヘアサロン「kakimoto arms」において、美容施術中にタブレットで選んだ服を同じヘアサロン内でバーチャル試着した利用者が、実店舗で購入するかなどを検証する。期間は4月22日~5月31日で、kakimoto armsラゾーナ川崎プラザ店にて実施する。

 この実証実験では、利用者はまず、kakimoto armsにて診断されたパーソナルカラーをもとに、美容施術中に貸し出されたタブレットを使って上下100着以上の洋服のなかから気に入った組み合わせを選択。施術終了後は、店内に設置してある大型ディスプレイにて、施術中に選んだ服を自分の体形に合わせてバーチャルで試着。その場で洋服購入時に利用できる割引クーポンが入手できる。

 バーチャル試着システムは、東芝が監視カメラや画像認証システム分野向けに培ってきた高精度人物検出技術を応用した「体型センシング技術」で人のボディラインを検出し、本システム用に開発した「体型フィッティング技術」でボディラインに合うよう服の写真を画像処理することで、1人1人の体形に合わせた試着を実現している。

 今後東芝および東芝ソリューションは、このデータを活用し、アパレル業界や美容業界などファッション関連の実店舗やECサイトを組み合わせたオムニチャンネルを構築し、2014年度下期の実用化に向けた開発を進める方針だ。

 kakimoto armsは日本で初めてヘアカラー専門のヘアカラーリストを育成し、利用者1人1人のパーソナルカラーを診断しながらもっとも似合うヘアカラーリングを提案しているという。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top