王貞治氏からAKB柏木由紀まで……異色の面々が長渕剛への想いをつづる | RBB TODAY

王貞治氏からAKB柏木由紀まで……異色の面々が長渕剛への想いをつづる

エンタメ 音楽

『TSUYOSHI NAGABUCHI ALL TIME BEST 2014 傷つき打ちのめされても、長渕剛。』
  • 『TSUYOSHI NAGABUCHI ALL TIME BEST 2014 傷つき打ちのめされても、長渕剛。』
  • 王貞治氏ら各界の著名人がつづる長渕剛への想い
 シンガーソングライター・長渕剛の初となるオールタイムベストアルバム『TSUYOSHI NAGABUCHI ALL TIME BEST 2014 傷つき打ちのめされても、長渕剛。』が7月2日にリリースされることが15日、わかった。

 同作は、1978年リリースの本格デビュー作「巡恋歌」から2014年の最新曲「走る」まで、東芝EMI(当時)、フォーライフミュージックエンタテイメント、ユニバーサルミュージックといった所属レーベルの枠を越え、長渕剛自らの選曲・監修によるもの。長渕の37年間のキャリアを網羅し、全曲オリジナルマスターから24bit最新技術でリマスタリングを施した全58曲が収録された全4枚組となっている。

 さらに、初回生産限定盤には“センターステージ・ギター1本~長渕剛 vs オーディエンス10,000人”として語り継がれる「LIVE’86~’87 STAY DREAM」1987年2月25日大阪城ホール公演の映像から貴重なパフォーマンスを厳選したDVD「STAY DREAM (The Official Bootleg )」(収録曲目未定)として収録される予定だ。

 また、4月15日~17日の3日間にわたって、各界の著名人15人が思い入れのある長渕の歌とその歌詞の一節、込められた想いやエピソードをつづる広告企画も実施。同企画にはソフトバンクの王貞治球団会長をはじめ、京セラ創業者の稲盛和夫、脚本家の倉本聰、音楽評論家・湯川れい子、フリーアナウンサー・古舘伊知郎、F1レーサー・佐藤琢磨、サッカー日本代表MF・遠藤保仁選手、西武ライオンズ・菊池雄星投手、モデルの冨永愛、俳優の藤原竜也、市原隼人、女優の北乃きい、AKB48・柏木由紀、お笑いコンビ・フットボールアワーの後藤輝基といった異色の顔ぶれが参加する。

 『TSUYOSHI NAGABUCHI ALL TIME BEST 2014 傷つき打ちのめされても、長渕剛。』は7月2日発売。
《花》

関連ニュース

特集

page top