JR貨物、コンテナ位置管理システムの通信手段にWiMAXを採用 | RBB TODAY

JR貨物、コンテナ位置管理システムの通信手段にWiMAXを採用

エンタープライズ モバイルBIZ

JR貨物の貨物輸送サービスにおけるWiMAXの利用シーン
  • JR貨物の貨物輸送サービスにおけるWiMAXの利用シーン
  • TRACEシステムの概要
 UQコミュニケーションズは4月11日、日本貨物鉄道(JR貨物)が運営するコンテナ位置管理システム(TRACEシステム)の更新にともない、通信手段としてWiMAXが新たに採用されたことを公表した。4月1日に全国の112拠点への導入が完了した。

 「TRACEシステム」は、貨物駅でのフォークリフトによるコンテナ荷役作業を管理するもので、GPSとIDタグ(無線ICタグ)を組み合わせて、構内におけるコンテナの位置管理を行う。コンテナの位置を数十cmの精度でリアルタイムに把握し、荷役時間の短縮と輸送の正確性を高めることが可能。

 今回、貨物駅におけるコンテナの位置情報を把握し、フォークリフトドライバーに荷役指示を伝達する機能、フォークリフトのドライバーが指示どおりの荷役を実施したことを伝達する機能などで、WiMAXが活用されているという。これにより、荷役作業の効率化とネットワーク保守費用の大幅な削減が可能となる見込みだ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top