小保方さん、「STAP現象は何度も確認された真実」キッパリ断言 | RBB TODAY

小保方さん、「STAP現象は何度も確認された真実」キッパリ断言

エンタメ その他

 論文不正問題が取り沙汰されている理化学研究所の小保方晴子・研究ユニットリーダーが9日、大阪市内で記者会見を行った。

 小保方さんらによる新型万能細胞「STAP細胞」の論文について理化学研究所は、捏造や改ざんがあったと認定。これに対し小保方さん側が不服を申し立て、今回の会見となった。

 小保方さんは今回の件について「私の不勉強、不注意、未熟さゆえに多くの疑念を生み、理化学研究所および共同執筆者の皆様をはじめ、多くの皆様にご迷惑をお掛けしてしまったことを心よりお詫び申し上げます」と謝罪。

 しかし、論文に捏造や改ざんがあったとする調査結果については、「事実関係をよく理解していただかないまま不正と判定されてしまいました。弁明と説明の機会を十分に与えてくださったならば、必ず間違いが起こった経緯を理解していただける」とコメント。

 そして問題となっている論文については、「実験は確実に行われておりデータも存在していることから、私は決して悪意をもってこの論文を仕上げたわけではないことをご理解いただきたい」と弁明するとともに、「STAP現象は何度も確認された真実です」とキッパリと断言した。
《花》

関連ニュース

特集

page top