中田議員、NHK娯楽番組の“低俗”発言を一部謝罪……「特定の番組を否定するつもりなかった」 | RBB TODAY

中田議員、NHK娯楽番組の“低俗”発言を一部謝罪……「特定の番組を否定するつもりなかった」

エンタメ ブログ

中田議員公式サイト。話題となっている発言の全文をブログ上で公開している
  • 中田議員公式サイト。話題となっている発言の全文をブログ上で公開している
 日本維新の会の中田宏衆院議員が、NHKの一部バラエティ番組の内容に対し「低俗」などと批判して議論を巻き起こしている件で、自身のTwitterで「特定の番組を否定するつもりはなかった」として発言の一部について謝罪した。

 同議員は、25日の衆院総務委員会で、NHKが製作する一部バラエティ番組について「あまりにも民放のまねをしすぎ」と批判。NHKが放送する番組としてふさわしいのかとの疑問を呈したことで、ネット上では賛否両論が巻き起こったが、特にやり玉に挙げられた「ケータイ大喜利」などの3番組のファンを中心に、同議員への批判が噴出。お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村淳もTwitterで、同議員の発言に対し、「テレビを知らない証拠だ!」と反論した。

 そんな田村に、中田議員はTwitterで自身の発言について説明。「民間ができることはなるべく民間でやり、NHKは民間ではやらない公共性の高い内容を放送することが第一義的な役割だと思ってます」との思いから疑問を呈したと釈明したが、そのために特定の番組名をあげたことについては、「不用意に番組名を挙げたために不快にさせてしまいました。その点は申し訳ありませんでした」と謝罪した。

 一方の田村も、中田議員とテレビのあり方について意見を交換。「テレビも知らない議員と呟いてしまった事は、すみませんでした…テレビをもっと見て欲しい議員に変更させて下さい!」と謝罪して和解した。ただ、中田議員からの謝罪については、「その謝罪、僕ではなく番組を作ってる人、それを楽しみに待ってる人へお願いします」と呼びかけている。
《花》

関連ニュース

特集

page top