NEC、Windows Server 2012 R2対応「IaaS運用自動化ソリューション」販売開始 | RBB TODAY

NEC、Windows Server 2012 R2対応「IaaS運用自動化ソリューション」販売開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

サーバとネットワークの運用を一元管理するシステム構成例
  • サーバとネットワークの運用を一元管理するシステム構成例
  • 価格、出荷開始日
 日本電気(NEC)は3月27日、仮想サーバ環境とSDN対応の仮想ネットワーク環境を一括管理できる「IaaS運用自動化ソリューション」の販売を開始した。Windows Server 2012 R2に対応し、サーバとネットワーク運用の自動化をSDNで実現するものだ。

 Microsoft社のIT環境管理プラットフォーム「System Center」とNECのSDNコントローラ「UNIVERGE PF6800」を連携させるインターフェイス(VSEMプロバイダ)を両社で共同開発した。このインターフェイスを利用することにより、仮想スイッチを含めて、UNIVERGE PFシリーズ(SDN対応のコントローラ、スイッチ)で構成された仮想ネットワーク全体を、System Centerで管理制御できるようになる。

 さらにWindows Server 2012 R2 Hyper-Vの仮想スイッチをOpenFlowに対応させる仮想スイッチ拡張ソフト「UNIVERGE PF1000」と組み合わせることにより、仮想サーバ環境に加え、SDN対応の仮想ネットワーク環境も含めた仮想基盤全体の一元管理や運用の自動化が可能となっている。

 これにより、仮想サーバの生成やVLAN設定等の制御に加えて、仮想スイッチの初期設定や一括変更、仮想ネットワークの生成・変更・削除等を実施でき、運用工数を最大75%削減できる見込み。また払い出し自動化で、利用申込みから提供までの時間を最大85%削減できる見込み。

 すでにNECのSDNコントローラ「UNIVERGE PF6800」を導入しているユーザーは、「PFCライセンス発行Webシステム」にて「UNIVERGE PF1000」とインターフェイス(VSEMプロバイダ)を無償でダウンロードできる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top