主婦の3人に2人が「携帯電話の利用料金が高い」……節約したい項目トップ3入り | RBB TODAY

主婦の3人に2人が「携帯電話の利用料金が高い」……節約したい項目トップ3入り

ブロードバンド 回線・サービス

あなたが家計の中で、節約したい項目を最大 3つ教えてください。
  • あなたが家計の中で、節約したい項目を最大 3つ教えてください。
  • あなたが現在利用中の携帯電話を教えてください。
  • あなたが現在使用している携帯電話の月々の利用料金についてどのように思っていますか?
  • 1年前に比べ、携帯電話の利用料金に変化はありましたか?
  • 携帯電話の利用料金が高くなった理由について教えてください。
  • あなたが、月々の携帯電話の利用料金節約のために行なっていることはなんですか?
  • あなたは、携帯電話の利用料金を節約したいと思っていますか?
 主婦が家計の中で節約したい項目トップ3は「水道光熱費」「携帯電話の利用料金」「日々の飲食費」。主婦の65.5%が現在の携帯電話の利用料金を高いと感じているのだ。そして利用料金が高くなった理由は「スマートフォンに変更したから」が最も多い。

 MMD研究所は3月10~12日に、「主婦の携帯電話の利用・節約意識に関する調査」を行なった。本調査は主婦を対象に、インターネット調査で、所有している携帯電話、メール・電話などの利用頻度、通信費に対する節約意識などを調査した。

 20~60代の主婦1152人を対象に、家計の中で節約したい項目を聞いたところ、「水道光熱費」が56.8%、次いで「月々の携帯電話の利用料金(通信費)」が48.9%、「日々の飲食代」が39.2%で続いた。所有している携帯電話について聞いたところ、フィーチャーフォンの所有率は52.5%、スマートフォンの所有率は47.5%。月々の携帯電話の利用料金についてどう思うか聞いたところ、「とても高いと思う」が20.9%、「やや高いと思う」と合わせ、65.5%の人が高いと思っている。

 1年前に比べ携帯電話の利用料金に変化はあったか聞いたところ、「とても高くなった」が7.8%となり、約4人に1人が高くなったと回答した。携帯電話の利用料金が「とても高くなった」「やや高くなった」と回答した人(295人)に、携帯電話の利用料金が高くなった理由を聞いたところ、「スマートフォンに変更したから」と回答した人が59.7%で最も多い。

 月々の携帯電話の利用料金節約のために行なっていることを聞いたところ、「家族割・学割などのキャリアの割引プランに入っている」が55.1%で最も多く、次に「節約のために行っていることはない」が23.6%、「通話は無料アプリを活用している」が20.1%となった。「節約のために行なっていることはない」と回答した人(272人)に節約意識について聞いたところ、「節約したいと思う」と回答した人が82.7%で、節約意識は高い。
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top