hitomiとMAX、アラフォーのお色気たっぷり……ボディコン姿で肉食系ライブ披露 | RBB TODAY

hitomiとMAX、アラフォーのお色気たっぷり……ボディコン姿で肉食系ライブ披露

エンタメ 音楽

「バラユメ collaboration with MAX」のMVで共演したhitomiとMAX
  • 「バラユメ collaboration with MAX」のMVで共演したhitomiとMAX
 歌手のhitomiと女性ダンスボーカルグループ・MAXがガールズバンドを結成し、ボディコン姿でライブパフォーマンスを披露する新曲ミュージックビデオが18日、公開された。

 デビュー20周年を迎えるhitomiは18日、自身のヒット曲「CANDY GIRL」のアンサーソングとしてアラフォー女性の心境を歌った配信シングル「バラユメ collaboration with MAX」をリリースした。

 今回のコラボは、脚本家・鈴木おさむ氏のアイデアから実現。hitomiやMAXのNanaが出演しているテレビ朝日リアルドキュメントドラマ「ガールズトーク薔薇組」の演出・脚本を手がけている同氏は、hitomiがに「CANDY GIRL」のアンサーソングを作って欲しいとオファー。そして楽曲を完成させたhitomiが、今度は同楽曲の映像化を鈴木氏に依頼したところ、「90年代」「アラフォー女性の強さ、たくましさ」をキーワードにした同楽曲の世界観にあわせ、hitomiとMAXとのコラボに至った。

 同MVでは、ボーカルhitomi、ギターNana(MAX)、ベースMina(MAX)、ドラムLina(MAX)が、ゴールドとシルバーのボディコン姿で登場。セクシーガールズバンドとしてのライブシーンや、アラフォー女性が若い男を誘惑する4人の肉食系女子の一面などが見どころとなっている。

 今回のコラボに、hitomiは、「同世代で、10代20代と頑張ってきて、30代でこうしてコラボレーション出来たのが嬉しかったです!頑張ってきたからこそ、今の私たちがある。そして、あの頃はどうだった~とか、今だから話せる話ができたのも、嬉しかったです!」と感激。Nanaも「hitomiさんとMAXが思ってた以上に馴染んでて、本当のガールズバンドの様に感じました!!」と、その出来映えに自信をうかがわせた。

 また、hitomiは18日に更新した自身のブログでも同楽曲やMVについて触れ、「気がついたらアラフォ~になり、得たモノもいっぱいあったけど、失うモノも…」「もう若くはないケドとゆう、切ない心情と今の自分を受け入れ見つめて前に進もう! まだまだ、バラ色の夢を見よう…そんな気持ちを歌いました」とコメントしている。

《花》

関連ニュース

特集

page top