宇多田ヒカル、16歳の初ライブ映像公開! 貴重な舞台裏の映像も | RBB TODAY

宇多田ヒカル、16歳の初ライブ映像公開! 貴重な舞台裏の映像も

エンタメ 音楽

『First Love -15th Anniversary Edition-』を10日にリリースする宇多田ヒカル
  • 『First Love -15th Anniversary Edition-』を10日にリリースする宇多田ヒカル
 シンガーソングライター・宇多田ヒカルが16歳当時に行ったデビュー後初のライブ「LUV LIVE」のダイジェスト映像が7日、宇多田のYouTube公式チャンネルで公開された。

 「LUV LIVE」は、1999年4月1日に梅田HEAT BEAT、4月2日にZepp TOKYOにて行われた完全招待制のライブ。大ヒット曲「Automatic」をはじめとする、海外含め991万枚をセールスして日本記録を樹立したデビューアルバム『First Love』の収録曲はもちろん、「今夜はブギー・バック feat. スチャダラパー」なども披露されたが、その映像はこれまで商品化されておらず、ファンの間では“幻のライブ”とされてきた。

 そのライブの模様がついに映像化され、デビューアルバム『First Love』の発売15周年を記念して10日にリリースされるリマスター盤『First Love -15th Anniversary Edition-』にDVDとして付属されることが決定。今回、同作の発売を記念し、同ライブのダイジェスト映像が公開されることとなった。

 さらに、商品には収録されない『First Love』のジャケット写真の撮影風景や、デビュー当時のラジオレギュラー番組収録、ゲスト出演の収録の様子など、当時の宇多田を伺い知ることができる貴重なメイキング映像も初公開されている。

 『First Love -15th Anniversary Edition-』は3月10日発売。

《花》

関連ニュース

特集

page top