【MWC 2014 Vol.53】SanDisk、世界初「128GBの大容量microSDXCカード」を公開 | RBB TODAY

【MWC 2014 Vol.53】SanDisk、世界初「128GBの大容量microSDXCカード」を公開

IT・デジタル 周辺機器

新製品の128GB microSDカードの特徴を解説してくれたSanDisk社のBrian Pridgeon氏
  • 新製品の128GB microSDカードの特徴を解説してくれたSanDisk社のBrian Pridgeon氏
  • 世界最大容量128GBを実現したSanDiskのmicroSDメモリーカード
  • 16層のメモリー領域「Die」を積層し大容量のデータ保存領域を構築した
  • Memory Zone Appでは本体内蔵メモリーとmicroSDの使用状況をモニターできる
  • OptiMem機能では、内蔵メモリーに割り当てる保存領域を仮想的に決定して、それを超えるデータは自動でmicroSD側に送ることができる
 MWC2014に出展するSanDiskは、世界初・最大容量となる128GBのmicroSDXCカードを発表。今回のイベントがワールドプレミアの機会となった。

 今回同社が発表したのは128GBの容量を持つ「Ultra microSDXC UHS-I」。スピードクラスは「Class 10」対応。北米での売価は199ドルで、発売時はBestBuy.com、およびAmazon.comで独占販売となる。

 SDメモリーカードのファームウェア、コントローラーチップ、メモリーのトータルソリューションを提供できるのがSanDiskの強み。今回世界最大容量の128GBのmicroSDを実現できた背景には、16層のDie(ダイ)と呼ばれる記録層の積層技術を新規に実現したことで、元々極薄サイズのmicroSDメモリーカードの本体に大容量メモリーを格納できたことが挙げられる。

 メモリーカードにはSanDiskオリジナルのAndroidアプリ「Memory Zone App」の最新バージョンが添付される。「OptiMem」と呼ばれる機能は、内蔵メモリーに大容量のデータが保存され、モバイル端末の動作に影響を及ぼさないよう、一定量を超えたデータは自動的にmicroSD側に割り振ることができるというもの。「これから4K動画を録画したり、ハイレゾオーディオ再生が楽しめるスマートフォンの普及が進んできた際にはユーザーにとってとても有益な機能となるはず。1枚のメモリーカードで大容量データが保存できるので、スマートフォンで撮った写真の管理もより手軽なものになるだろう」とSanDisk CorporationのBrian Pridgeon氏は機能の開発意図を説明する。

 新しい128GBのmicroSDには16時間のフルHD動画、7,500の音楽ファイル、3,200の写真データ、125のアプリが保存できる換算になるという。日本でも近く発売のアナウンスがあることを期待したい。
《山本 敦》

関連ニュース

特集

page top