KDDI、中華電信など3社と「ASIA NFCアライアンス」を設立……モバイルNFCを推進 | RBB TODAY

KDDI、中華電信など3社と「ASIA NFCアライアンス」を設立……モバイルNFCを推進

エンタープライズ モバイルBIZ

アライアンス参加企業一覧
  • アライアンス参加企業一覧
  • KDDIの田中孝司社長(au2013年冬モデルの発表会にて)
 KDDI、中華電信 (台湾)、Hong Kong Telecommunication(香港) およびSK Planet(韓国) は2月25日、国際標準の近接型無線通信方式「モバイルNFC」対応サービスの普及・拡大を目的とした組織、「ASIA NFCアライアンス」を設立した。

 「ASIA NFCアライアンス」は、アジア圏内において国内外問わず、ユーザーが「モバイルNFC」サービスを利用できるよう、「NFCタグ仕様の共通化検討」「共通ブランドマークの検討」「NFCプラットフォームの連携・共通化検討」を共同で進め、課題解決に取り組む組織となる。携帯通信事業者の世界的な業界団体であるGSMAも賛同しているとのこと。

 今後はGSMAの協力のもと、海外の通信事業者間における連携を強化することで、世界各国の「モバイルNFC」対応サービスの仕様標準化を実現する計画だ。

 KDDIの田中孝司代表取締役社長は「海外連携サービスを拡大するために本アライアンスはオープンな組織にしたいと考えています。今後はアジアのみならず欧米の通信事業者との連携も積極的に推進し、お客さまが世界各国でNFCサービスをご利用いただける世界を目指します」とのコメントを寄せている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top