ゴルフ、野球、テニスのスイングを解析してスマホで確認できる3Dモーションセンサー3製品 | RBB TODAY

ゴルフ、野球、テニスのスイングを解析してスマホで確認できる3Dモーションセンサー3製品

IT・デジタル 周辺機器

ゴルフ用の「Zepp Golf スイングセンサー」。直販価格は19,800円
  • ゴルフ用の「Zepp Golf スイングセンサー」。直販価格は19,800円
  • 野球用の「Zepp Baseball スイングセンサー」
  • テニス用の「Zepp Tennis スイングセンサー」
  • Zepp Labs製の小型スイングセンサー
  • ゴルフスイングの解析イメージ
  • テニスショットの解析
 ゴルフやテニスなどのスイングチェッカーが多く登場しているが、ゴルフ、野球、テニスのスイングを解析してスマートフォンアプリで参照できるZepp Labs製の3Dモーションセンサー3製品が7日、フォーカルポイントから発表された。

 発表されたのは、ゴルフ用の「Zepp Golf スイングセンサー」、野球用の「Zepp Baseball スイングセンサー」、テニス用の「Zepp Tennis スイングセンサー」の3製品。発売は3月上旬で、直販価格はそれぞれ19,800円。

 Zepp Labs製の小型スイングセンサー(本体サイズ幅28×高さ28×奥行11mm、6g)を、専用のアタッチメントでゴルフ用グローブ、野球用バット、テニス用ラケットに装着し、3Dモーションキャプチャーでスイングを解析。Bluetoothを内蔵しており、専用のスマートフォンアプリでスイング軌道やクラブヘッドスピード、プロのお手本とのスイング比較、ショットタイプやショットのパワー解析といったことが行える。

 直販サイト以外でも、全国の家電量販店および雑貨店舗などで販売される。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top