新成人が欲しいものTop3はメディアツール | RBB TODAY

新成人が欲しいものTop3はメディアツール

ブロードバンド 回線・サービス

新成人の人生観や居住観
  • 新成人の人生観や居住観
  • 新成人の人生観
  • 親世代の人生観
  • 将来手に入れたいもの(新成人)
  • 将来手に入れたいもの(親世代)
 今年成人式を迎える新成人が欲しいものは、1位「パソコン」、2位「テレビ」、3位「スマートフォン」であることが、パナソニックが1月9日に発表した調査より明らかになった。

 同調査は、今年成人式を迎える新成人206人とその親世代312人を対象に、人生観や居住観などに関するインターネット調査を2013年12月に実施した。

 新成人の人生観について、「将来は結婚したい(もしくはすでに結婚している)」74.8%、「将来は子どもが欲しい(もしくはすでに子どもがいる)」72.8%となった。一方、親世代の人生観について、「将来は子どもに結婚してもらいたい(もしくはすでに結婚している)」79.8%、「将来は孫が欲しい(もしくはすでに孫がいる)」71.2%となり、結婚や子どもに関しては、新成人、親世代ともに7割以上が望んでいる。

 将来手に入れたいもの、実現したいことについて、新成人は1位「パソコン」72.3%、2位「テレビ」66.5%、3位「スマートフォン」66.0%、4位「安定した生活」63.6%、5位「国内旅行」59.2%。親世代は1位「国内旅行」62.8%、2位「安定した生活」55.1%、3位「海外旅行」52.9%、4位「パソコン」40.1%、5位「テレビ」35.9%となった。トップ3をみると、新成人はつながるメディアツール、親世代は旅行とゆとりを欲していることがわかった。

 居住観について、新成人は「将来は自分の家が欲しい」79.6%、「家を持つなら一戸建てがいい」76.2%で、持家マンションや賃貸よりも持家一戸建て志向が高かった。親世代は「現在の住居をリフォームして長く住みたい」が55.4%ともっとも高かった。
《工藤 めぐみ》

関連ニュース

特集

page top