ソフトバンクBB、栄光ゼミナールに「iPad mini」1万台納入……4月より新学習システム開始 | RBB TODAY

ソフトバンクBB、栄光ゼミナールに「iPad mini」1万台納入……4月より新学習システム開始

ブロードバンド その他

栄光ゼミナール「iPad mini学習」紹介ページ
  • 栄光ゼミナール「iPad mini学習」紹介ページ
  • 「栄光ゼミナール」トップページ
 ソフトバンクBBは1月10日、栄光ホールディングスグループで学習塾の経営を行う栄光に「iPad mini(Wi-Fiモデル)」1万台を、販売パートナーを通して納入したことを発表した。

 栄光ゼミナールでは、2014年4月より、「iPad mini」を使った新しい学習システム導入を予定している。各種テストや入試問題解説の動画・授業動画の視聴、学習情報の受信、アプリ学習などを行うもので、通塾する小学校4年生、中学校1年生、高校1年生が対象。首都圏教室を中心に、小4は私国立中入試対策コース、中1は特訓・本科・最水コース、高1は高等部ナビオの生徒の、家庭学習におけるサポート体制を強化する。

 栄光は、首都圏を中心に「栄光ゼミナール」など約430校、7万人の小・中・高生が学ぶ学習塾を経営している。またウェブを利用した教育環境の提供にも取り組んでいる。今回のiPad mini導入は、ウェブを活用した教育環境のさらなる充実が目的とのこと。

 ソフトバンクBBは、設計、運用、管理方法など導入時のコンサルティングを実施、また導入後は技術的なサポートを通して栄光へノウハウを提供する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top