リクルートLS、「ジオフェンシング」の実証実験をニューヨークで開始 | RBB TODAY

リクルートLS、「ジオフェンシング」の実証実験をニューヨークで開始

ブロードバンド その他

実験画面イメージ
  • 実験画面イメージ
  • 「RecoCheck」アプリ画面
 リクルートライフスタイルは1月7日、位置情報を活用するアプリ「RecoCheck」と「地球の歩き方 ニューヨーク」のコンテンツデータを連携させ、利用者の位置に応じて情報を配信する「ジオフェンシング」の実証実験を開始した。

 「ジオフェンシング」とは、地図上にバーチャルなフェンスを設置する技術。GPS・Wi-Fi・端末基地局・加速度センサーなどのスマートフォン内のセンサー類を駆使して、位置情報を検知し、特定のフェンスのなかのユーザーに、リアルタイムに情報配信を行う。

 実験では、利用者の位置情報をもとに「RecoCheck」を通して、130以上の観光スポットのなかからオススメ情報を提供する。ジオフェンスの位置は、該当スポットの近隣などに設置し、「RecoCheck」アプリを起動していない利用者も、観光スポットの近くで認知・リマインドを受け取ることが可能。

 この取り組みを通して、「RecoCheck」利用者の実来訪数やジオフェンシングによる通知後の来訪率の検証を行うのが狙い。実施期間は1月7日~3月31日。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top