【インタビュー】ケイ・オプティコムが全国展開を狙う!IP電話アプリ「LaLa Call」 | RBB TODAY

【インタビュー】ケイ・オプティコムが全国展開を狙う!IP電話アプリ「LaLa Call」

 今スマートフォンユーザーの間でIP電話アプリケーションが注目を浴びている。関西の通信事業者であるケイ・オプティコムも、今年9月にAndroid端末向けのIP電話アプリ「LaLa Call」をリリースした。

ブロードバンド その他
ケイ・オプティコム コンシューマ事業推進本部 チームマネージャー 江口忠博氏
  • ケイ・オプティコム コンシューマ事業推進本部 チームマネージャー 江口忠博氏
  • ケイ・オプティコム コンシューマ事業推進本部 マネージャー 直井健太郎氏
  • ケイ・オプティコム コンシューマ事業推進本部 前田圭介氏
  • インタビューを受けてくれた3名
  • LaLa Callの発信画面。通常のスマートフォンと同様の操作で利用できる
  • 通話終了後に毎回、通話時間や通常の料金プランとLaLa Callの料金の比較表示される
  • 電話帳で分かる無料接続先。無料で通話できる相手には「Free」と表示される
  • テキストメッセージだけでなく、写真・動画などでコミュニケーションをとれる「トーク機能」。親しみのある果物のスタンプも用意
■IP電話アプリケーションで固定電話や携帯電話の料金を抑えよう!

 今スマートフォンユーザーの間でIP電話アプリケーションが注目を浴びている。そのメリットのひとつは、通常発信よりも格安料金で電話をかけられること。スマホのパケット定額プランの利用料金には無料通話分が含まれていない。そのため、スマホから通常発信でたくさん電話をかけていると、通話した費用はそのまま月のコスト増につながる。そのためスマホに専用アプリケーションをインストールし、IP電話として活用しようという動きがここに来て出てきている。

 インターネット経由で無料通話を楽しめる通話アプリケーションというと、最近では「LINE」がすぐに思いつくところだが、LINEのようなツールは、同じアプリケーション同士でしか通話できない。それに対して、"050"から始まる電話番号を取れるサービスであれば、一般の固定電話や携帯電話にも電話をかけられる点が大きなメリットだ。

 こうしたサービスとしては、NTTコミュニケーションズやフュージョン・コミュニケーションズが先行していたが、関西の通信事業者であるケイ・オプティコムも、今年9月にAndroid端末向けのIP電話アプリ「LaLa Call」をリリースした。この11月には、iPhone向けにも同アプリを公開している。

 LaLa Callは、月額利用料105円で、固定電話にかけるなら全国一律8.4円(3分間)、携帯電話にかける場合は18.9円(1分間)。特に米国50州への国際電話料金は6円(1分間)となっており、競合他社の中で最も安く利用できる。もちろんアプリケーション同士や、ケイ・オプティコムが提供している固定電話サービス「eo光電話」にかける場合には料金はまったくかからない。ケイ・オプティコムのマスター会員およびファミリー会員ならば、月額利用料も無料になるので、より大きなメリットが得られる。ただし、緊急通報(警察、消防)や0120などで始まる一部の電話には対応しないので注意したい。なお決済方法についてはクレジットカードのみに対応しているが、eoユーザーはインターネット利用料との合算も可能である。

■トクトク表示や無料接続先の判別で、料金を積極的に楽しく減らせるLaLa Call

 LaLa Callは、開発者が一番こだわったというクリアな音声に加え、転送電話や留守番電話など電話としての基本的な機能を無料で提供しつつ、LaLa Call独自の機能をサポートしている。

 それらの機能のうち、特に有用なものをピックアップしてみよう。まず目を引くのが「トクトク表示機能」だ。これは、所有するスマートフォンの通常料金プランとLaLa Callの使用料金を比較し、通話料がどれだけ削減されたのか、そのお得感を大体の目安として表示する機能。通話終了後に毎回、通話時間と料金が比較表示される。月ごとのトクトク累積金額も算出されるため、ゲーミフィケーションのような感覚で節約を楽しめるだろう。

 もう1つ料金削減のために役立つ機能が、電話帳で分かる無料接続先の判別機能だ。LaLa Callに用意されている電話帳では、LaLa Call間、eo光電話、無料提携050IP接続先など、無料で通話が可能な相手の電話番号が自動で判別できるようになっており、「Free」と表示される仕組み。あらかじめ無料で通話できる相手だと分かっていれば、余裕をもって通話ができる。

 このほか音声通話機能に加えて「トーク機能」も搭載。テキストメッセージだけでなく、写真、動画、スタンプなどでコミュニケーションをとれる。絵文字はもちろんのこと、書き起こしのユニークなかわいいスタンプも用意される。このトーク機能は最大10人のユーザーと同時に会話できるグループ機能も備えている。

 なお、現在、月額基本料が実質3ヵ月無料となるキャンペーンが2014年1月31日までの期間で実施されている。また、ケイ・オプティコムのFacebookページでは、「Kindle」や「ルンバ」といった景品が当たる「LaLa Call年末応援キャンペーン」も実施中だ。
《井上猛雄》

関連ニュース

特集

page top