ケイ・オプティコム、H.265/HEVCによるリアルタイム4K映像の伝送実験を世界初実施 | RBB TODAY

ケイ・オプティコム、H.265/HEVCによるリアルタイム4K映像の伝送実験を世界初実施

 ケイ・オプティコムは10月22日、「大阪マラソン2013」当日(10月27日)に、日本で初めて、「H.265/HEVC技術」を利用したリアルタイムエンコードによる4K映像の伝送実験を実施することを発表した。

ブロードバンド テクノロジー
4K映像伝送実験 イメージ図
  • 4K映像伝送実験 イメージ図
  • インテックス大阪2号館 ケイ・オプティコムブース
 ケイ・オプティコムは10月22日、「大阪マラソン2013」当日(10月27日)に、日本で初めて、「H.265/HEVC技術」を利用したリアルタイムエンコードによる4K映像の伝送実験を実施することを発表した。

 「H.265/HEVC技術」は、従来の一般的な圧縮技術「H.264」の約2倍の性能を持つ技術で、超広帯域の回線でなくても、4K映像(解像度3,840×2,160)をスムーズに伝送することが可能だ。

 今回の伝送実験では、大阪マラソンコース上のチャレンジランフィニッシュ地点(大阪市役所前)およびマラソンフィニッシュ地点(インテックス大阪前)の2か所において、4Kカメラでランナーを撮影・リアルタイム伝送する。この映像は、インテックス大阪2号館ケイ・オプティコムブースでパブリックビューイングを実施し、10:00~16:00の間、誰でも閲覧可能とのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top