ビッグデータ処理を100倍以上に高速化 NECが新技術を開発 | RBB TODAY

ビッグデータ処理を100倍以上に高速化 NECが新技術を開発

 日本電気(NEC)は12月3日、ビッグデータ処理において、世界最速レベルのリアルタイム処理を低コストで実現するソフトウェア技術を開発したことを発表した。新技術では、処理速度を100倍以上に高められるという。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
NEC Express5800/HR120b-1
  • NEC Express5800/HR120b-1
 日本電気(NEC)は12月3日、ビッグデータ処理において、世界最速レベルのリアルタイム処理を低コストで実現するソフトウェア技術を開発したことを発表した。新技術では、処理速度を100倍以上に高められるという。

 高速処理に適した汎用メニーコアサーバ(数十から数百のプロセッサを実装したサーバ)を、さらに効果的に活用するソフトウェア技術として新たに開発されたもので、プログラム開発者が利用するライブラリとして提供する。

 新技術では、ベクトル型スーパーコンピュータの開発で培ったプログラムの並列化技術を応用し、並列化されていないプログラムを、並列処理に適したプログラムに容易に変換することが可能。また並列処理で発生するプロセッサコア間の処理負荷の差異を、瞬時に均一化できる。負荷が大きいプロセッサコアから小さいプロセッサコアへ、自動的に処理を移す階層的負荷制御を実現することで、汎用メニーコアサーバの性能を最大限に引き出せるとのこと。

 実際に、数百人が映っている映像の中から1名を特定する処理に本技術を適用し、百個以上のプロセッサコアを搭載したメニーコアサーバ(NEC Express5800/HR120b-1に、Intel Xeon Phiコアプロセッサーを2基搭載)で実行した結果、数分を要していた処理を1秒以内に短縮できた。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top