「ゴルゴ13」生誕45周年、NTT東のWi-Fiスポットで代表作を無料配信 | RBB TODAY

「ゴルゴ13」生誕45周年、NTT東のWi-Fiスポットで代表作を無料配信

ブロードバンド その他

キャンペーンバナー
  • キャンペーンバナー
  • 電子書籍の配信イメージ
  • 13週連続で、毎週違うストーリーを配信
 リイド社、小学館 ビッグコミック編集部、イーブックイニシアティブジャパンの3社は11月13日、劇画作品「ゴルゴ13」の生誕45周年を記念し、13週連続で毎週違うストーリーを配信する“「ゴルゴ13」WiFiで読破”キャンペーンを開始した。

 「ゴルゴ13」は、超A級スナイパー・デューク東郷を主人公とする、日本を代表する長編マンガ作品。今年11月に連載開始45週年を迎え、「ゴルゴ13」が連載されているビッグコミック誌での特集をはじめ、さまざまなイベントが企画されている。

 “「ゴルゴ13」WiFiで読破”では、ゴルゴ13でも狙撃が不可能とされた“奇跡の狙撃13作品”を、ビッグコミック編集部が厳選。NTT東日本が提供するWiFiスポットのサービス「光ステーション」を利用し、電子書籍を配信する。イーブックジャパンは、電子書籍サイト「eBookJapan」の“ブラウザ楽読み”サービスを提供する。

 キャンペーンは、2013年11月13日から13週連続で、毎週違うストーリーを配信。スマートフォンやタブレット、パソコンをWi-Fi接続するだけで、東日本エリア3万か所以上の「光ステーション」が設置されている店舗などで、読書が誰でも可能となる。アクセスポイントで、Wi-Fi「FLETS-PORTAL」に接続し、「光ステーション」のトップページから「Contents」を選び「ゴルゴ13」をタッチすることで、作品を受信できる。なお、光ステーションにおける無料利用は、一日最大30分間。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top