KDDI、WiMAX2+対応のモバイルWi-Fiルータ「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14」を10月31日より発売 | RBB TODAY

KDDI、WiMAX2+対応のモバイルWi-Fiルータ「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14」を10月31日より発売

IT・デジタル 周辺機器
WiMAX2+に対応した業界初のモバイルWi-Fiルータ「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14」。メタリックレッドは11月中旬発売の予定
  • WiMAX2+に対応した業界初のモバイルWi-Fiルータ「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14」。メタリックレッドは11月中旬発売の予定
  • 「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14」背面
 KDDI、沖縄セルラーは30日、下り最大110Mbpsの高速データ通信が可能なWiMAX2+に対応した業界初のモバイルWi-Fiルータ「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14」(Huawei製)を10月31日より発売すると発表した。

 「Wi-Fi WALKER WiMAX2+ HWD14」は、WiMAX2+に加えてWiMAXと4G LTEにも対応するトライブリッドルータ。「WiMAX 2+」は、UQコミュニケーションズが提供する下り最大110Mbps/上り最大10Mbpsを実現する超高速モバイルブロードバンドサービス。10月31日より東京・環状7号線(東京都道318号線)内から対応を開始し、2013年度末には東名阪、2014年度末には全国へ拡大する予定。

 同機は、au2013年冬モデルとして発表されたWi-Fiルータで、WiMAX2+/WiMAXの「ハイスピードモード」、WiMAX2+/4G LTEの「ハイスピードプラスエリアモード」、WiMAXのみの「ノーリミットモード」を選択可能。2.4インチのタッチパネル液晶も搭載しており、通信モードや本体の詳細な設定が行える。また、ワイヤレス充電(Qi)に対応するほか、約5秒で端末を起動できる「クイック起動」機能などを搭載する。

 Wi-FiはIEEE 802.11b/g/nに対応し、同時接続できる機器は最大10台。本体サイズは幅62mm×高さ100mm×奥行15.5(最厚部:約15.7)mm、重量は約140g。カラーはブライトシルバーとメタリックレッドの2色が用意されるが、メタリックレッドの発売は11月中旬以降の予定となる。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top