コロプラとKDDI、位置情報データを活用した観光動態調査レポートを東北3県へ無償提供 | RBB TODAY

コロプラとKDDI、位置情報データを活用した観光動態調査レポートを東北3県へ無償提供

 コロプラとKDDIは10月29日、地方自治体や観光協会などを対象に、位置情報ビックデータを活用した「観光動態調査レポート」サービスの提供を開始した。東日本大震災によって被災した岩手県・宮城県・福島県には、無償提供を行う。

エンタープライズ モバイルBIZ
レポートイメージ
  • レポートイメージ
  • レポートイメージ
  • レポートイメージ
  • 観光動態が把握できる7つの項目を分析
  • 位置情報ビックデータ取得の流れ
 コロプラとKDDIは10月29日、地方自治体や観光協会などを対象に、位置情報ビックデータを活用した「観光動態調査レポート」サービスの提供を開始した。東日本大震災によって被災した岩手県・宮城県・福島県には、無償提供を行う。

 両社は、7月18日~9月末に、三重県伊勢市、埼玉県、徳島県で実証実験を実施。一定の成果を得られたため、地方自治体や観光協会などが、観光施策の立案や地域振興に活用できるよう提供を行うものだ。

 ビッグデータは、auスマートフォンユーザーから同意の上取得し、誰の情報であるかわからない形式に加工した位置情報データおよび属性情報(性別・年齢層)となっている。レポートでは、観光動態が把握できる7つの項目について、全体を俯瞰する分析や観光エリア別の分析を行っており、来訪した観光客の性別や年齢層別の周遊・滞在傾向、時間帯などの傾向分析が可能とのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top