帰宅ラッシュ時の新宿駅で快適なキャリアは?……新iPhoneで調査! | RBB TODAY

帰宅ラッシュ時の新宿駅で快適なキャリアは?……新iPhoneで調査!

ブロードバンド 回線・サービス

混雑する新宿駅、iPhone 5sが最も快適なキャリアは?
  • 混雑する新宿駅、iPhone 5sが最も快適なキャリアは?
  • 混雑する新宿駅、iPhone 5sが最も快適なキャリアは?
  • 計測結果
  • 昨日の計測結果
 編集部ではiPhone 5s/5c発売前、帰宅ラッシュの新宿駅で通信速度を調査した。そしてiPhone 5s/5cが発売された昨日、さっそく3キャリアのiPhone 5sを持って再び帰宅ラッシュの新宿駅へ向かった。

 今回も速度調査には、「RBB TODAY SPEED TEST」アプリを使用。同一箇所で3回計測し、その平均値を算出した。使用した端末はNTTドコモ・KDDI(au)・ソフトバンクモバイルの「iPhone 5s」。夕方のラッシュとなる17:30から18:30の間、昨日と同じ新宿駅構内全9ヵ所で計測した。

 調査の結果、最も多くの場所で最速を記録したのはKDDI(au)であった。全9ヵ所のうち、下り8ヵ所、上り5ヵ所の地点で最速、その他の地点でも極端に遅い箇所はなかった。それどころか、auはiPhone 5sになって、iPhone 5の倍またはそれ以上の速度をはじきだしている所が多いのも注目点。どちらかというと、auのAndroid端末に近い数値になっており、これは、iPhone 5c/5sからiPhoneでも対応した800MHz帯の影響と予想することもできる。

※表より抜粋
■新宿駅東口付近(下り平均)のKDDI iPhone
28.85Mbps(iPhone 5s)、12.74Mbps(iPhone 5)
■1.2番線(埼京線・湘南新宿ライン)南側
12.02Mbps(iPhone 5s)、3.33Mbps(iPhone 5)

 ソフトバンクはauに全体では及ばなかったものの、iPhone 5と同様、極端に遅い地点はなかった。また、上りと下りの速度差が少なく、上りの方が高速であった地点もあった。

 前回同様、他2キャリアに水をあけられてしまったNTTドコモ。今回は計測不能こそなかったものの、場所によって速くなったり極端に遅くなったりと速度が安定せず、前回のAndroid端末と同じような結果となった。

 20日は金曜日ということもあり、前日とは人の流れが違ったようにも感じられた。そのため一概には言えないが、夕方のラッシュ時の新宿駅では、800MHz帯LTE対応のためと思われる高速化・安定化を実現したau、iPhone 5とほぼ同じ通信環境を実現しているソフトバンク、Android端末同様にやや苦しいNTTドコモ、といった様子は同じようだ。

 新型iPhoneの登場でさらに増えると予想されるスマホユーザー。ユーザーが求める通信環境は「いつでもどこでも安定して高速」に変わりつつあるのではないだろうか。今後は、混雑が予想される場所での安定した通信環境の実現に期待したい。

「RBB TODAY SPEED TEST」無料インストールはこちら(http://speed.rbbtoday.com/)
《》

関連ニュース

特集

page top