iPhone 7発売直前、中古市場ではiPhone 5sの株が上がっていた? 【連載・今週の中古スマホ】 | RBB TODAY

iPhone 7発売直前、中古市場ではiPhone 5sの株が上がっていた? 【連載・今週の中古スマホ】

IT・デジタル モバイル

iPhone 5s (C)Getty Images
  • iPhone 5s (C)Getty Images
  • iPhone 7/7 Plus
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 7/7 Plus(C)Getty Images
 スマートフォンの「実質0円」による販売が禁止になったことで、中古スマホ市場がにわかに活気づいている。そこで、中古携帯電話・スマホ・タブレットの販売・買取を行うゲオの最新ランキングをチェックしてみた。

 本稿で紹介するデータは、北海道から沖縄まで日本全国に展開しているゲオのデータを集約したもの。調査期間は8月29日から9月4日までの1週間である(データ提供:株式会社ゲオ)。

■“販売”数量ランキングは?

 まずは中古スマホの販売数量を紹介していく。ドコモのランキングでは1位がiPhone 5s 16GB(24,800円)、2位がiPhone 5s 32GB(27,800円)だった(価格はいずれも状態の良い中古良品「中古A」の税抜価格。以下同)。ここ数週間、中古のドコモ版iPhone 5sが売れ続けている。もちろん値段がこなれてきたこともあるのだろうが、サイズが大きくなったiPhone 6シリーズ以降へのアンチテーゼという見方もできなくはない。

 周知の通り、9月7日(アメリカ時間)にはiPhone 7/ 7 Plusが発表。ボディのサイズはiPhone 6s/ 6s Plusとほぼ同等で、イヤホンジャックが廃止されたほか、FeliCaに対応した。これを進化と捉えるかどうかは使い方にも依るだろう。即座に手持ちのiPhoneを売ってiPhone 7の購入資金にする人がいる一方で、iPhone 7の購入を止め、用意していた資金で前モデルのiPhoneを購入する人もいるかも知れない。どちらに転んでも中古市場は活性化されそうだ。ちなみにiPhone 7/ 7 Plusの発表に伴い、AppleではiPhone 6/ 6 PlusとiPhone SEの値下げが行われている。

 auでは1~5位までをiPhone 5/ 5sが占め、6位と8位にはiPhone 4Sが入った。また、ソフトバンクでは1位~10位までiPhone 4/ 4S/ 5/ 5sが独占している。ちなみにiPhone 4(2010年発売)に関しては、Appleが公式サポートを終了すると発表した。今後は故障時の物品交換が難しくなることが予想される。

<docomo>
【1】iPhone 5s 16GB/20130920/アップル/24,800/19,800
【2】iPhone 5s 32GB/20130920/アップル/27,800/21,800
【3】Xperia A SO-04E/20130517/Sony Mobile/14,800/11,800
【4】iPhone 5s 64GB/20130920/アップル/29,800/23,800
【5】Xperia AX SO-01E/20121116/Sony Mobile/9,980/7,980

<au>
【1】iPhone 5 16GB/20120921/アップル/12,800/9,980
【2】iPhone 5s 16GB/20130920/アップル/19,800/15,800
【3】iPhone 5 32GB/20120921/アップル/14,800/11,800
【4】iPhone 5s 32GB/20130920/アップル/22,800/17,800
【5】iPhone 5s 64GB/20130920/アップル/24,800/19,800

<SoftBank>
【1】iPhone 5 16GB/20120921/アップル/12,800/9,980
【2】iPhone 5 32GB/20120921/アップル/14,800/11,800
【3】iPhone 5s 16GB/20130920/アップル/19,800/15,800
【4】iPhone 4 32GB/20100624/アップル/4,980/3,980
【5】iPhone 4S 16GB/20111014/アップル/6,480/5,180
※製品/発売日/メーカー/AA中古販売価格(中古A)/AA中古販売価格(中古B)
《近藤謙太郎》

関連ニュース

特集

page top