『半沢直樹』最終回直前! 第1~9話の名場面を4分間で振り返る【動画】 | RBB TODAY

『半沢直樹』最終回直前! 第1~9話の名場面を4分間で振り返る【動画】

 大ヒットを記録しているTBS系ドラマ『半沢直樹』がいよいよ22日に最終回を迎える。その最終回を前に、これまでに放送された第1話~第9話の名場面を集めたスライドショー動画がYouTubeで公開された。

エンタメ 映画・ドラマ
22日に最終回を迎えるTBS系ドラマ『半沢直樹』
  • 22日に最終回を迎えるTBS系ドラマ『半沢直樹』
  • 『半沢直樹』第1話~第9話の名場面を集めたスライドショー動画
 大ヒットを記録しているTBS系ドラマ『半沢直樹』がいよいよ22日に最終回を迎える。その最終回を前に、これまでに放送された第1話~第9話の名場面を集めたスライドショー動画がYouTubeで公開された。

 今回公開された動画では、第1話から順に各話の登場人物たちによる印象的なシーンを服部隆之氏作曲のメインテーマに乗せてスライドショー形式で紹介。約4分間でこれまでのあらすじを振り返ることができる内容となっている。

 いよいよ最終話となる22日の放送では、近藤(滝藤賢一)は大和田常務(香川照之)から提案された取引に応じ、出向から銀行に戻ることと引き換えに、手に入れた田宮社長(前川泰之)の証言を表に出さないという決断を下す。その結果、半沢(堺雅人)が大和田を追い詰めるため取締役会に提出する予定であった資料は、不正の事実を決定的にする重要な証拠がない不完全なものとなってしまう。

 そんな中、渡真利(及川光博)は人事部の後輩からの極秘情報によって、近藤が銀行の広報部に戻って来るとの情報を掴む。何が起きたかを察した半沢は、なかなか行方が分からない近藤の携帯電話にメッセージを吹き込む形で、いつもの剣道場でずっと待ち続けると伝える。

 大和田常務の不正を明らかにする取締役会が開かれようとしていた矢先、今度は金融庁から頭取宛に「金融庁検査における半沢次長の検査受け入れ態度に問題あり」との書面が送られてきたことを内藤(吉田鋼太郎)から聞かされる半沢。取締役会では半沢が訴える不正問題と同時に、半沢の処分案も議題に上がる予定であることが分かった。半沢にとって不利な状況が積み重なる中、ついに運命の取締役会が開かれる……。

 『半沢直樹』最終回は25分拡大スペシャル。9月22日午後9時より放送。

《花》

関連ニュース

特集

page top