モバイル端末の今夏モデル、「指名買い」が7割近く……クロス・マーケティング調べ | RBB TODAY

モバイル端末の今夏モデル、「指名買い」が7割近く……クロス・マーケティング調べ

エンタープライズ モバイルBIZ

所有している機器
  • 所有している機器
  • 夏モデル購入で他商品と比較検討したかどうか
  • スマートフォンの利用シーン
  • モバイル端末の利用シーン
 クロス・マーケティングは28日、ユーザーの購入実態および新モデルの保有状況、利用用途等を中心とした「モバイル端末の利用実態調査」の結果を発表した。調査期間は2013年8月で、全国の15~79歳男女14,713名から回答を得た。

 まず「所有している機器」について、全体での所有率1位は「ノートPC」で68%。以下「携帯電話」52%、「デスクトップPC」46%、「スマートフォン」43%となった。5位の「タブレット」は13%の所有率で、上位4位とは差が大きかった。

 また“各端末の2013年夏モデルを購入した人”(1460名)に「他商品と比較検討したかどうか」を尋ねてみると、67%の人が比較検討せず、“指名買い”だったことが明らかとなった。

 次に複数機を保有している人の使い分け傾向を計るため、「スマホ(+その他機器)の利用シーン」を質問してみた。その結果、「スマホのみユーザー」ではゲームや動画・映像の視聴、写真編集にスマホを活用している傾向、「スマホ+タブレットユーザー」はカメラ撮影やSNSにスマホを利用している傾向、「スマホ+ノートPCユーザー」はインターネット検索・閲覧、メール、赤外線通信にスマホを利用してる傾向、「スマホ+タブレット+ノートPCユーザー」は電話、動画撮影・編集、音楽の再生にスマホを利用している傾向がそれぞれ見られたという。

 さらに「スマホ+タブレット+ノートPCのすべてを所有している人」に、利用シーンを質問すると、「ノートPC」は、動画のアップロード、音楽の再生、メール、写真編集、動画の編集を中心に利用、「スマホ」は、電話、赤外線通信、動画の撮影、カメラの撮影を中心に利用、「タブレット」は、ゲーム、動画・映像の視聴、インターネット検索・閲覧を中心に利用していることが明らかとなった。なお、SNSに関しては、どの機種からもほぼ中心に位置しており、機種に依存しないで利用されているとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top