NTT Com、不正アクセス事件を受け、ユーザーのブロードバンドルータの調査を実施 | RBB TODAY

NTT Com、不正アクセス事件を受け、ユーザーのブロードバンドルータの調査を実施

ブロードバンド セキュリティ

該当する300Mbps無線LANブロードバンドルータ(ロジテックサイトより)
  • 該当する300Mbps無線LANブロードバンドルータ(ロジテックサイトより)
  • パッケージ裏面の右下、バーコードに青色の識別シールが貼られた製品は対策済み製品(ロジテックサイトより)
  • ロジテックによるお詫びとお願い
 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は20日、インターネット接続サービス「OCN」において、セキュリティ上の脆弱性が判明している特定のブロードバンドルータの利用者を対象とした調査を実施することを発表した。期間は8月20日から2013年10月31日までの間。

 NTT ComのOCNでは、契約者以外の第三者が、OCN認証ID・パスワードを不正利用してアクセスし、認証パスワードを変更していたことが、6月26日に発表されている。この原因について調査した結果、ロジテックより過去に販売された無線LANブロードバンドルータの特定機器におけるセキュリティ上の脆弱性により、機器に設定されたOCNの認証ID・パスワードを外部から取得された可能性が高いことが判明したとのこと。

 このような状況を踏まえ、不正利用防止を徹底するため、調査を実施するとともに、不正利用防止に向けた対応を個別に依頼するもの。本調査により機器のセキュリティ脆弱性が確認された場合、NTT Comが個別に連絡し、ファームウェアの更新と認証パスワードの変更を依頼する。対象はOCN光・ADSLを利用しているユーザー、対象機器はロジテック製300Mbps無線LANブロードバンドルータ(LAN-W300N/R、LAN-W300N/RS、LAN-W300N/RU2)となる。なおこの対策は、インターネットサービスプロバイダ(ISP)としては国内で初めてのものとなる。

重要なお知らせ - ロジテック製300Mbps無線LANブロードバンドルータに関するお詫びとお願い: http://www.logitec.co.jp/info/2012/0516.html
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top