Apple、「macOS High Sierra」の重大な脆弱性を修正 | RBB TODAY

Apple、「macOS High Sierra」の重大な脆弱性を修正

米Appleは現地時間29日、「macOS High Sierra」向けの最新セキュリティアップデートの配信をおこなった。同アップデートは日本国内向けにもすでに配信が開始されている。

IT・デジタル スマートフォン
(C)Getty Images
  • (C)Getty Images
 米Appleは現地時間29日、「macOS High Sierra」向けの最新セキュリティアップデートの配信をおこなった。同アップデートは日本国内向けにもすでに配信が開始されている。

 「macOS High Sierra 10.13」および「macOS High Sierra 10.13.1」では、ユーザー名(User Name)に "root" と入力するだけで、攻撃者がルートユーザーになり、認証画面がパスできる脆弱性が発見されたが、今回のセキュリティアップデートはこれを修正するためのもの。コンテンツ名称は「2017-001」となっており、先のOSに対応するMacユーザーであれば、誰でも「Mac App Store」からアップデートが可能となっている。

 なお、先の脆弱性は、同社によれば「macOS Sierra 10.12.6」以前のユーザーには影響がないという。前日にこの脆弱性が発見された際、筆者のMacでも実際に試してみたが、容易に認証を突破できてしまった。「macOS High Sierra 10.13」「macOS High Sierra 10.13.1」ユーザーの方は、そのまま放置するとハッカーたちの格好の餌食となる可能性があるので、早急なアップデートをおすすめしたい。

※iOS 11でますます便利になった「メモ」アプリ機能をおさらい
《KT》

関連ニュース

特集

page top