「半沢直樹」原作がついに1位・2位独占! 発行部数は合計150万部を突破 | RBB TODAY

「半沢直樹」原作がついに1位・2位独占! 発行部数は合計150万部を突破

エンタメ その他

池井戸潤の原作「オレたちバブル入行組」
  • 池井戸潤の原作「オレたちバブル入行組」
  • 池井戸潤の原作「オレたち花のバブル組」
  • 好調なTBS系ドラマ「半沢直樹」
 今年のドラマ視聴率の最高記録を更新中のTBS系「半沢直樹」だが、ドラマの好調にともない原作の売れ行きも伸びている。8月12日付のオリコン“本”ランキング文庫部門では、池井戸潤の原作「オレたちバブル入行組」(2007年12月10日発売)および「オレたち花のバブル組」(2010年12月3日発売)の2作が、これまでの最高週間売り上げとなる週間8.4万部、7.0万部を売り上げ、1位・2位を独占した。

 同ドラマは初回でいきなり平均19.4%と高視聴率を記録し、以降も20%台で推移。4-6月期でフジテレビ系「ガリレオ」が記録した今年最高の22.6%を更新し、今月4日放送の第4話では平均視聴率27.6%、瞬間最高では30.0%をマーク。2011年10-12月期に驚異的な視聴率を記録した日本テレビ系「家政婦のミタ」に迫る勢いをみせている。

 そうしたドラマの好調が追い風となり、原作の2作品も7月7日にドラマがスタートした後、7月15日付ランキングで揃って初トップ100入りし、続く7月22日付で初トップ5入りと好調な動きを見せていた。そしてドラマが今年最高の視聴率を更新すると、原作もついに1位・2位を独占。発行部数は2作の合計で150万部を突破した。

 今後のドラマの展開とともに、原作のセールスの伸びも注目される。
《花》

関連ニュース

特集

page top