「ブームはいつか終わる」……AKB48を卒業した篠田麻里子、悩んだ活動期間を振り返る | RBB TODAY

「ブームはいつか終わる」……AKB48を卒業した篠田麻里子、悩んだ活動期間を振り返る

 22日の劇場公演をもってAKB48を卒業した篠田麻里子が、30日に更新した自身のブログで、同グループで活動した約7年半を振り返った。

エンタメ ブログ
 22日の劇場公演をもってAKB48を卒業した篠田麻里子が、30日に更新した自身のブログで、同グループで活動した約7年半を振り返った。

 30日付のエントリーで、21日に福岡ヤフオク!ドームで行われた卒業セレモニーの写真を多数公開するとともに、「AKBを振り返って私は幸せでした。素敵な仲間が出来、素敵なファンの皆さんが出来ました」とこれまでの活動期間に思いを馳せた篠田。グループ加入当初は常にレッスンに体力も時間も奪われ、「アルバイトも出来ない状況でお金もなく成人で仕送り生活は気が引けました。何度か諦めようと思いました、この先になにがあるのかわからなくなり、体力も無かった私は選抜でもなくいても一緒だろうなって悲観的になってました」と、当時の心境をつづった。

 当初はグループ内で伸び悩み悲観的になっていたという篠田だが、モデルとしての活動もこなすようになってから自身の居場所を見出し、自信も芽生えはじめたという。そのうちにAKB48自体も人気が出はじめ、AKBブームが巻き起こった当時については、「ブームと言われた時自分に実感は無かったです。どこからそんなにAKB知られてきたの、何が変わったのかな?わかりませんでした。でもテレビや雑誌で特集されるなど、怒涛の日々が続き忙しい反面幸せでした」と振り返った。

 「逆に悩んだこともありました。ブームというのはいつか終わりがある。明日無くなったらどうしよう。孤独にもなりました」と、人気が急上昇する中でも常に不安と隣合わせだったからこそ、当時の自身と同じように、現在選抜に入れず目立てずにいるメンバーの気持ちも分かるという。与えられた幾つかのチャンスをものにすることが出来た自身の経験から、篠田は「チャンスを勝ち取るのは自分たちです。後輩にはなんでも人のせいにせず、立ち向かってほしいと思います」と、後輩にアドバイス。そして「最後に七年半、諦めなくて良かったと心から思いました。これからも自分の道を信じて、歩き続けます。本当にありがとうございました」とつづって、ブログを結んでいる。
《花》

関連ニュース

特集

page top