NECとHP、エンタープライズ領域で戦略提携……次世代サーバーに先進技術を投入 | RBB TODAY

NECとHP、エンタープライズ領域で戦略提携……次世代サーバーに先進技術を投入

エンタープライズ 企業

HP Integrityサーバ「Superdome2」
  • HP Integrityサーバ「Superdome2」
  • 「DragonHawk」はSuperdome 2エンクロージャー用のインテルXeonプロセッサ E7ファミリー搭載サーバーで混在環境が可能
 日本電気とヒューレット・パッカードカンパニー(HP)は22日、エンタープライズ領域における戦略的なグローバル・アライアンスを拡張することを発表した。ミッションクリティカルコンピューティングやブレード分野における技術開発を促進するのが狙い。

 NECとHPは、1995年に戦略的なパートナーシップを締結して以降、NECがHP-UXをベースとした大規模なミッションクリティカルITシステムやソリューションを提供するなど、さまざまな協業を行っている。今回、その協業領域を、次世代のミッションクリティカルx86サーバの領域に拡張する。HP-UXの将来的な機能拡張を推進するとともに、LinuxおよびMicrosoft Windowsベースのミッションクリティカルソリューションのため、テスト・検証を含む技術協業を推進する。

 今回の協業領域の拡張により、HP Integrityサーバ「Superdome2」とx86プロセッサー搭載のサーバブレード(開発コード名: DragonHawk)を含めた、多様なミッションクリティカル・プラットフォームに先進技術を投入する見込みだ。なお、NECとHPは、共同開発したソリューションを世界市場で展開することを計画しているという。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top