「“TOKYO”がもっと世界中で流行ったらいいなあ」……赤西仁、1年5ヵ月ぶりの新作MVで再起 | RBB TODAY

「“TOKYO”がもっと世界中で流行ったらいいなあ」……赤西仁、1年5ヵ月ぶりの新作MVで再起

エンタメ 音楽

赤西仁の新曲「HEY WHAT'S UP?」MVはワーナーミュージック公式サイトで視聴可能
  • 赤西仁の新曲「HEY WHAT'S UP?」MVはワーナーミュージック公式サイトで視聴可能
 歌手の赤西仁が8月7日にリリースする新曲「HEY WHAT'S UP?」のミュージックビデオが完成した。「HEY WHAT'S UP?」は、女優・黒木メイサとの結婚へのペナルティとして、ツアー中止などの処分を受けていた赤西にとって1年5ヵ月ぶりの“復帰作”となる。

 「HEY WHAT'S UP?」は、2012年3月7日に発売された全米デビューアルバム「JAPONICANA」以来となるニューシングル。ミュージックビデオは、“TOKYOの街がパーティー化”というコンセプトで、赤西が作詞作曲した歌の世界観がより濃く表現されている。赤西自身も企画段階からアイディアを出し、丸山健志監督と二人三脚で映像を制作した。ワーナーミュージック・ジャパン公式サイトで映像の一部を試聴することができる。

 赤西は、「海外に影響を受けた日本のミュージックビデオは多いと思うけど、逆に、“TOKYO”の良さをアピールするようなミュージックビデオを作ってみたかった」とコメント。「“TOKYO”がもっと世界中で流行ったらいいなあ」と思いを語っている。ちなみにミュージックビデオに登場するオリジナルの「TOKYO Tシャツ」は、お気に入りで普段から着用しているそうだ。

 赤西はジャニーズ事務所所属のアイドルグループ・KAT-TUNの元メンバー。KAT-TUN在籍中は、2006年10月に語学留学を理由に芸能活動の無期限休業を発表するも、2007年4月に復帰。しかし、「方向性が違う」として、2010年7月にKAT-TUNを脱退する方針を発表。アーティスト路線を打ち出し、ソロ活動を開始した。その最中、2012年2月に女優・黒木メイサと“電撃婚”。事務所への報告が事後報告となったペナルティで、全国ツアー中止などの“謹慎処分”を受けたと報じられていた。黒木との間には、9月に第1子女児が誕生している。
《原田》

関連ニュース

特集

page top