愛犬のストレスサイン、気付いてる? 飼い主の7割がストレス信号に対処せず | RBB TODAY

愛犬のストレスサイン、気付いてる? 飼い主の7割がストレス信号に対処せず

エンタメ 調査

愛犬の健康管理が難しい、猛暑日が続く季節が到来-(c)Getty Images
  • 愛犬の健康管理が難しい、猛暑日が続く季節が到来-(c)Getty Images
  • 「愛犬のストレスや気持ちがわかっているか」
  • 「愛犬が体をぶるぶると震わせる仕草をしたのに気付いたことはあるか、またその対処を行ったことがあるか」
 ペットを飼うということは、命を預かるということ。しかし、愛犬家の実に7割強が愛犬のストレス信号に対処できていない…そんな耳の痛い調査結果が出ている。

 犬が体をぶるぶる震わせるのは、ストレスや不安のサイン。富士通「わんダント」が犬を飼っている男女を対象に行ったアンケート調査結果によれば、「愛犬のストレスや気持ちを分かっていると思うか」という質問に対して、「分かっていると思う」と答えたのは回答者1000名のうち61.6%。どうやら多くの飼い主が犬との意思疎通に自信を抱いている模様。しかし、「愛犬が体をぶるぶると震わせる仕草をしたのに気付いたことはあるか、またその対処を行ったことがあるか」と聞いたところ、「気づいたことはあるが、何もしていない」は39.6%、「気づいたことはない」が33.7%と、実に愛犬家の73.3%が犬のストレスサインに何も対処していないという結果になってしまった。

 「愛犬のストレスをチェックできるアプリがあったら欲しいか」という質問には、「欲しいと思う」という答えが70.9%に達し、女性の飼い主では4人に3人が「アプリが欲しい」と回答した。真夏は愛犬家にとって愛犬の健康管理が難しい季節。飼い主は愛犬のストレスや体調不良のサインに早めに気づき、適切な対応をしてあげたいものだ。

 「愛犬のストレスと健康に関する調査」は、犬を飼っている20歳以上の男女を対象に実施、有効回答数1000サンプルをもとに結果を出している。アンケート調査期間は、6月21日~25日。
《原田》

関連ニュース

特集

page top