海外サスペンスドラマ「ブリッジ~国境に潜む闇」、13日から日本初放送 | RBB TODAY

海外サスペンスドラマ「ブリッジ~国境に潜む闇」、13日から日本初放送

エンタメ 映画・ドラマ

「ブリッジ~国境に潜む闇」-(c)2013 FX Network. All rights reserved.
  • 「ブリッジ~国境に潜む闇」-(c)2013 FX Network. All rights reserved.
  • 「ブリッジ~国境に潜む闇」-(c)2013 FX Network. All rights reserved.
  • 「ブリッジ~国境に潜む闇」-(c)2013 FX Network. All rights reserved.
  • 「ブリッジ~国境に潜む闇」-(c)2013 FX Network. All rights reserved.
  • 「HOMELAND」-(c) 2011 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.
  • 「HOMELAND」-(c) 2011 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.
  • 「HOMELAND」-(c) 2011 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.
 全米で大ヒットとなった心理サスペンスドラマ「HOMELAND」のプロデューサーが手掛ける海外サスペンスドラマ「ブリッジ~国境に潜む闇」が、7月13日からCS放送のFOXチャンネルで日本初登場する。アメリカでの放送からわずか3日後、世界120か国でほぼ同時放送となる。

 「ブリッジ~国境に潜む闇」は、北欧の大ヒットドラマが原作の本格ミステリー。アメリカとメキシコを繋ぐ橋の国境線上で、女性の変死体が発見される。一人の女性のものと思われた遺体は、実は上下半身が2つに分断されており、上半身がアメリカの女性判事、下半身がメキシコ人娼婦のものであると判明。事件はこれだけにとどまらず、2つの国をまたぎ、猟奇的な犯行が繰り返される……というストーリー。1本の国境線を境に、アメリカとメキシコのカルチャー、モラル、捜査官の性質、捜査方法など様々な対比を描きながら、麻薬カルテルや移民問題、人種差別といった社会の闇を浮き彫りにする。

 同作は大人気ドラマ「HOMELAND」(7月13日よりDlifeにて放送、毎週土曜23:00~24:00[字幕版])や「コールドケース」といったヒットシリーズを手掛けた名プロデューサーが製作総指揮を担当。主人公であるアメリカ側の捜査官ソニア役に映画『トロイ』のダイアン・クルーガー、メキシコ側の捜査官マルコ役を映画『チェ 28歳の革命』、『チェ 39歳 別れの手紙』のデミアン・ビチルが演じる。そのほか、テッド・レヴィン、アナベス・ギッシュ、トーマス・ライトらが出演する。

 「ブリッジ~国境に潜む闇」は、7月13日放送スタート。毎週土曜日23時からの放送となる。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top