ドランク鈴木、“卑怯行為”でまた炎上……「テレビ出るな」と批判殺到 | RBB TODAY

ドランク鈴木、“卑怯行為”でまた炎上……「テレビ出るな」と批判殺到

エンタメ ブログ

出演番組での行為がきっかけとなり批判が相次いで寄せられているドランクドラゴン・鈴木拓のTwitter
  • 出演番組での行為がきっかけとなり批判が相次いで寄せられているドランクドラゴン・鈴木拓のTwitter
  • ドランク鈴木のツイート
  • 「戦闘中」公式サイト
 お笑いコンビ・ドランクドラゴンの鈴木拓が6月30日放送のフジテレビ系バラエティ「戦闘中」の中でとった行動があまりにも卑怯すぎるとして、鈴木のTwitterアカウントに多くの批判リプライが寄せられている。

 「戦闘中」は、フジテレビの人気バラエティ「逃走中」の派生番組で、限られたエリアと時間の中、出演者同士がボールを使って相手を撃破し、互いの持ち金を奪い合うというサバイバルゲームバラエティ。その中で鈴木は、タレント・高田延彦と“休戦協定”を結んだにも関わらず、高田が武器のボールを置いたのを見計らって撃破するというだまし討ちをしてみせた。

 この裏切り行為に、鈴木のTwitterアカウントには、「最低! クズ!」「テレビ出るな」「こうやって言ってもお前の性格は変わらないか」などの批判が続々と寄せられている。しかし鈴木は、「今日はなにしようかな~? あ!そうだ! 炎上しよう!」(6月30日)、「やっぱり炎上しよ!」(6月30日)といったツイートを投稿するなど、この炎上を楽しんでいる様子。また、6月29日には、「戦闘中に6月30日に出演させてもらう。たぶん炎上すると思う」と予告までしていた。

 鈴木は去年10月に「逃走中」に出演した際も、「賞金目当てに卑怯な行動をとった」と批判が相次ぎ炎上、一時はアカウントを削除していた。しかし、この炎上騒ぎについて、「鈴木は自分のキャラをこなしてるだけだろ」「演出を分からない奴はテレビ見るな」など鈴木を批判している側に対して呆れるような意見も多い。
《花》

関連ニュース

特集

page top