NTTメディアサプライ、屋外向けWi-Fiサービス「DoSPOT STREET」提供開始 | RBB TODAY

NTTメディアサプライ、屋外向けWi-Fiサービス「DoSPOT STREET」提供開始

ブロードバンド 回線・サービス

「DoSPOT STREET」および「DoSPOT」のサービスイメージ
  • 「DoSPOT STREET」および「DoSPOT」のサービスイメージ
  • 「店舗向けWi-FiサービスDoSPOT」紹介サイト
 NTTメディアサプライは27日、自治体や商店街組合向けに、商店街等の屋外エリアを回遊する来訪者がWi-Fiを利用できるようにするサービス「DoSPOT STREET」を発表した。28日より提供を開始する。

 NTTメディアサプライでは、2012年9月20日より店舗向けWi-Fi(無線LAN)サービス「DoSPOT」を提供しているが、それを屋外に拡張して提供するもの。DoSPOTは無線規格「IEEE802.11b/g/a/n」に対応したサービスだ。「DoSPOT STREET」では、来訪者が誰でも気軽にインターネットを利用できる環境を構築、商店街等を回遊しながらインターネットを利用できる。DoSPOTと組み合わせることで、商店街をまるごとWi-Fi化することも可能。なお商店街等への集客を促進するため、来訪者が無料Wi-Fiインターネット認証後にワンタッチで商店街等のホームページへアクセスできる機能を提供する。DoSPOT STREETにおけるフレッツ・スポットのSSIDは、「NTTWEST-SPOT」。

 来訪者は、Wi-Fi対応端末を持っていれば、Wi-Fi対応端末の種類や契約キャリアを問わず、1日最大60分(最大15分×4回まで)無料でWi-Fiインターネットを利用できる。

 またNTT西日本が、DoSPOT STREET展開エリアのうち、NTT西日本が提供する公衆無線LANサービス「フレッツ・スポット(Web認証方式)」の利用が多く見込めるエリアにおいて、ローミングを実施。フレッツ・スポットをローミングするエリアにおいて、NTT西日本のフレッツ・スポットに契約中の来訪者は、時間制限なくWi-Fiインターネットを利用できる。

 また今回NTTメディアサプライは、DoSPOTの無料インターネットユーザーの接続時間・回数を、28日より、従来の1日最大20分(最大10分×2回)から1日最大60分(最大15分×4回)に拡大する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top