KDDI、スマホ活用の学習・知育サービス「GAKUMO」「こどもパーク」開始 | RBB TODAY

KDDI、スマホ活用の学習・知育サービス「GAKUMO」「こどもパーク」開始

エンタープライズ モバイルBIZ

「GAKUMO」画面イメージ
  • 「GAKUMO」画面イメージ
  • 「GAKUMO」ロゴ
  • 「GAKUMO」提供コンテンツ
  • 「こどもパーク」画面イメージ
  • 「こどもパーク」ロゴ
  • 「こどもパーク」提供コンテンツ
 KDDIは24日、スマートフォンを使い短時間で効率的に学べる中高生向け学習サービス「GAKUMO」、およびauスマートフォンで利用できる子育て家族向け知育サービス「こどもパーク」を発表した。いずれも7月1日より提供を開始する。

 「GAKUMO」は、KDDIと英Quipper(クイッパー)社が協業して提供する、モバイルに最適化された学習プラットフォームを活用した中高生向けの学習サービス。学習コース(教材)は、全国の特徴ある教育機関が提供し、中学生向けに3教科5科目、高校生向けに5教科9科目がラインアップされている。短尺で分かりやすい動画解説、間違えた問題を徹底的に復習し定着を促す「苦手克服ボックス」、学習継続の褒美など、わからせる仕組みやつづけられる仕組みを取り入れているという。メッセージを使って講師へ直接質問を行うことができる「質問機能」も8月より提供する予定。料金は1コース受講プランが月額980円など。

 「こどもパーク」は、KDDIと米FUHU(フゥフー)社が協業して提供する、アプリケーション使い放題のサービス。月額情報料790円で、音楽、英語、お絵かき、パズルなど、多彩なジャンルの子ども向けアプリケーション50種以上が、auスマートフォンで使い放題になる。各アプリケーションの利用状況や学習履歴をまとめて確認することも可能。保護者が指定したアプリケーションのみ利用可能とする「こどもモード」も利用可能。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top