【物欲乙女日記】この冷や汁は本格派! 宮崎ツウの私が言うんだから間違いない | RBB TODAY

【物欲乙女日記】この冷や汁は本格派! 宮崎ツウの私が言うんだから間違いない

エンタメ その他
本品をよく振ってかけるだけ!
  • 本品をよく振ってかけるだけ!
  • 丸美屋の「かけて簡単 涼亭ごはん 冷や汁の素」
  • ご飯を盛って…
  • 豆腐をくずして…
  • きゅうりを輪切りにして…
  • あっという間に完成!
  • いただきます!
  • 食べるときはよく混ぜるのが好きです
 編集部の食欲キャラ、ケイティです。ご飯がおいしい季節ですね。っていつも言ってるんですけど。むふ。「食欲乙女日記」なら毎日でも書きますよ編集長。

 さてさて、このところ夏日もあったりして、いよいよ暑い季節が近づいて来ました。みなさん、今年の夏は平年より気温は高め、猛暑らしいですよ。夏といえばビール(とおつまみ)、カレー、辛いもの、バーベキュー、焼肉、うなぎ…ガッツリ食べたいですよね! え? そうでもない? …なんか、夏は食欲が落ちるとか、あっさりしたものを食べたくなるとかいう人が多いようですが、ちゃんと食べなきゃスタミナつきませんよ!

 そんな私も、暑さそのものはそんなに得意ではありません。冷たいものを食べたい!って思うことが多いのも事実です。でも、そうめんばっかりじゃ飽きるし、スタミナつかなそうだし…。と、そこへ期間限定の新商品を発見。その名も「かけて簡単 涼亭ごはん 冷や汁の素」! 冷や汁とは、味噌に炒り胡麻を加えてすり鉢ですって、だし汁でのばしたものをご飯にかける料理。あの冷たいお味噌汁かけご飯的なやつですよね。まさに夏にぴったりじゃないですか! それに冷や汁って、いま流行りのご当地B級グルメ的な人気もあります。宮崎県の郷土料理がレトルトで食べられちゃうんなんてびっくり。この丸美屋の「かけて簡単 涼亭ごはん 冷や汁の素」は、ご飯にかけるだけで冷や汁ができちゃうお手軽な一品。食べるの好きなくせに料理はめんどくさ~という私もこれなら大丈夫!

 さっそく調理開始。といっても、ストレートタイプなので冷やしてそのままご飯にかければすぐ食べられます。
1.まずはお椀にご飯を盛って、
2.そこに豆腐をくずしながらのせ、
3.その上に輪切りにしたきゅうりをのせます。
4.「かけて簡単 涼亭ごはん 冷や汁の素」をよく振ってかければ出来上がり!

 わざわざ手順を書くのもはばかられるくらい簡単でしょ!? 冷や汁スープ自体に、鯛のほぐし身やすり胡麻が入っているので、用意するのは豆腐ときゅうりだけでいいんです。お好みでみょうがやしそをのせてもいいかも。

 冷や汁の決め手は、焼いた魚の身と、なんといってもすり胡麻だと思うんです。お豆腐のお味噌汁が余ったとき、冷蔵庫で冷やしてご飯にかけることがありますが、あれはあくまで“冷たいお味噌汁かけご飯”。冷や汁とは似て非なるものですよね。でもこの「かけて簡単 涼亭ごはん 冷や汁の素」は本格派な感じがイイ! しその風味もすごく効いてて、食欲をそそります。私は地頭鶏(じとっこ)がすごく好きで、よく宮崎の郷土料理のお店に行くんです。宮崎といえば、地頭鶏の炭火焼に、チキン南蛮と、鳥料理もおいしいんですが、忘れてはならないのが冷や汁。簡単そうに見えますが、自分でちゃんと作ろうとすると結構手間で、なかなかお店の味って出ないんですよね。胡麻や味噌をすったり、魚焼いたり、だしで溶いたり…。でもこの冷や汁の素は、こんなにお手軽なのに味は,
過去にお店で出されたものと比べても遜色ないくらい!

 すり胡麻がたっぷり入ったスープも決してくどくなく、しその風味と相まってとってもあっさり。スルスルいけちゃいます。夏は食欲落ちる、なんて人もこれならいくらでも食べられるんじゃないでしょうか。豆腐にきゅうりに魚まで摂れるしね。あと、軽くお酒を飲んだ後の〆とかにもいいかも。さらに、同じシリーズで「かけて簡単 涼亭ごはん 冷やし鶏飯の素」という商品も発売されています。鶏飯は、ご飯に鶏スープをかけて食べる鹿児島(奄美大島)の郷土料理。丸美屋さん、今年は九州推しですね!

 もっとも、夏でも食欲落ちない私は、これを夜食とかにサラサラいっちゃって、逆に食べ過ぎちゃうんじゃないかと、そっちのほうが不安であります…。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top