トレンドマイクロ製品、Google Chrome関連ファイルをウイルスとして誤検知 | RBB TODAY

トレンドマイクロ製品、Google Chrome関連ファイルをウイルスとして誤検知

 トレンドマイクロは4月30日、「TROJ_GEN.FC2CKDTの誤警告情報」を公開した。スマートスキャンパターンファイルにおいて、誤警告が発生しているとのこと。

ブロードバンド セキュリティ
ウイルスバスターCorp.が、DCSにより不正プログラムを検出した画面
  • ウイルスバスターCorp.が、DCSにより不正プログラムを検出した画面
  • 「TROJ_GEN.FC2CKDTの誤警告情報」ページ
 トレンドマイクロは4月30日、「TROJ_GEN.FC2CKDTの誤警告情報」を公開した。スマートスキャンパターンファイルにおいて、誤警告が発生しているとのこと。

 スマートスキャンは、同社製品「ウイルスバスター コーポレートエディション 10」(ウイルスバスターCorp.)より搭載されているファイル検索機能。必要最小限のパターンファイルだけをクライアントPC/サーバに配信し、必要に応じてクラウド上のパターンファイルを参照するものだ。

 今回、スマートスキャンパターンファイル「13238.009.00 - 13238.011.00」において、ウイルスに感染していないにも関わらず、感染している旨の誤った警告が発生したという。対象は、Google Chromeのアップデートファイル(26.0.1410.64_26.0.1410.43_chrome_updater.exe)で、「TROJ_GEN.FC2CKDT」を誤検出した。なお、「13238.012.00」以降のパターンファイルでは修正されている。

 これにより、Google Chromeのアップデートに失敗した可能性がある。また、ダメージクリーンナップサービス(DCS)を使用している製品では、Generic Clean(ジェネリッククリーン)機能が動作し、システムの設定が変更されている可能性がある。


サポート情報 : トレンドマイクロ「TROJ_GEN.FC2CKDTの誤警告情報」
http://www.trendmicro.co.jp/support/news.asp?id=1950
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top