【レビュー】新たなコミュニケーションツール?勝手なことをしゃべるアプリを使いこなす! | RBB TODAY

【レビュー】新たなコミュニケーションツール?勝手なことをしゃべるアプリを使いこなす!

エンタメ その他

アプリのトップ画面
  • アプリのトップ画面
  • 「女声」か「男声」を選択
  • カテゴリは8つ。もちろんすべて無料で使える
  • ステキなスマイルは、コミュニケーションに必要不可欠!
  • まあ、なんかしら突っ込んでもらえるとは思う
  • 違和感なし!?
  • お、おう
  • 「きまままうす FOR SNS」での、YouTube上での画面
 プライベートでもビジネスの場でも身につけておきたい“コミュニケーション能力”。その助けになるかどうか分からないが、少し面白いアプリを見つけたので紹介したい。

■歯の浮くセリフもしれっと言い放つ

 今回紹介するのは、Androidアプリ「きまままうす」。使い方は簡単。まず、アプリを起動して「女声」か「男声」を選択。次に、「あいさつ」「お誘い」「驚き」など8つのカテゴリが表示されるので、その中から好きなものをクリック。あとは、唇の映像が表示されセリフを言い出すので、自分の口元にスマホを当て、まるで自分がしゃべっているように振る舞うだけだ。

 セリフの内容は、「遅くまでお疲れ様でーす」「お世話になっております~」など、そんなん自分で言えばいいだろというような「あいさつ」から、恋人に「チュッ」と可愛く迫るもの、「今の気持ちをひと言で言うなら……、いやひと言でなんて表現できない。この最高潮に高まったハートを言語に変換することなんてできない!」などという、聞いているほうも困るようなものまで幅広い。

 そして、なんといっても最大の特徴が“ランダムにセリフが読み上げられる”ところ。アプリ名の通り“きままに”会話を手伝ってくれるのだ。

■ランダムセリフにご注意を!?

 8つのカテゴリからひとつを選択すると、そのカテゴリに合ったセリフがランダムに流れる。「カテゴリは選べるんだから、そんなにトンチンカンなことは言わないだろう」と思いきや、なかなか思い通りにいかないのがこのアプリのいいところだ。

 「ビジネス」カテゴリの中に混じっている、「アリっちゃアリっすけどね~(男声のみ)」「とりあえず女子会始めます?(女声のみ)」というふざけたセリフ。このアプリをシリアスなシーンで使う人はいないだろうが、まあ、ふざけるなと思われるだろう(笑)。

 また、「恋愛」カテゴリの中には、「それってセクハラですか?」という、雰囲気をぶち壊すようなセリフも。額面通り受け取るような相手には間違っても使わないと思うが、変な空気にならないとも限らない。

 だが、このランダムさこそがこのアプリのウリ。

 たとえば、ランチに誘うつもりで「誘う」カテゴリのセリフをしゃべらせてみる。すると「今夜、軽くどうですか?」と飲みに誘うセリフが。これがいい方向に転び、本当に上司と一杯飲みに行くことになったら……。酔っ払った上司から、いつもは聞けない本音を聞くことができるかもしれない。いや、あくまでいい方向に転べば、の話。。。繰り返しになるが、シリアスな場面や、言葉を額面通り受け取ってしまう相手への使用は注意が必要だ。

 なお、同アプリは5月中旬にアップデートを控えており、自分で好きなセリフを録画・再生できる機能が追加されるとのこと。

■SNSでも活用

 さらに「きまままうす」には、アプリではなくwebサービスもある。それが「きまままうす FOR SNS」。アプリを使わなくても「きまままうす」が楽しめる同サイトでは、上記で紹介したようなセリフを、文字で見て選ぶことができる。それぞれのセリフにはYouTubeのURLが用意されており、YouTubeの画面で実際にしゃべる様子が表示されるという具合だ。

 活用方法は、SNSのコメント欄などに貼り付けて投稿するだけ。相手はYouTube上で、実際の音声で読み上げられたセリフを聞くことになる。文字だけではない、いつもとは違ったコミュニケーションになるので、普段は言えないことを伝えてみるのもいいかもしれない。

 アクシデントを楽しんだり、普段の自分からは出てこないようなセリフが流れたりと、いつもとは違うコミュニケーションが楽しめるこのアプリ。なにか状況を打破したいときに使ってみると、案外効果的かも…?

■「きまままうす」
開発: Panasonic Corporation
価格:無料
バージョン:1.0
対応OS:Android 2.3.3以上
URL:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.panasonic.doltz.kimama

■「きまままうす FOR SNS」
http://panasonic.jp/doltz/kimama/
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top