【ファインテックジャパン】裸眼3D、デジタルサイネージに活路 | RBB TODAY

【ファインテックジャパン】裸眼3D、デジタルサイネージに活路

IT・デジタル その他

42インチ3Dモニタ
  • 42インチ3Dモニタ
  • 24インチタブレット型3DTV
  • 水+3D
  • タッチ+3D、指向性サウンド+3D
  • 香り+3D、視差変換+3D
 東京ビックサイトで開催されたファインテック ジャパンで、3Dディスプレイの新たな組み合わせを提案していたのがニューサイトジャパンだ。

 同社のブースでは、24インチタブレット型3DTV、3Dモニタを付けた水槽、タッチパネル3Dモニタ、指向性サウンド3Dモニタなど3D技術とさまざまなシチュエーションの組み合わせが展示されていた。

 代表取締役社長の神田清人氏は、「3Dは終わったという人がいるけれども、私は諦めていない。ディスプレイを売ろうと思ったから苦労した。お客様のためのビジネスモデルを作って売っていくことで、3Dビジネスは成功する」と説明。すでに韓国のスーパーマーケットの店頭ではデジタルサイネージとして、裸眼3Dディスプレイが導入されているという。同社では、今後もさまざまな組み合わせを考えながら、付加価値としての3Dを提案していくとのことだ。
《》

関連ニュース

特集

page top