ソニー、1インチ1万円前後の4K対応「BRAVIA」……55V型で実売50万円前後 | RBB TODAY

ソニー、1インチ1万円前後の4K対応「BRAVIA」……55V型で実売50万円前後

IT・デジタル テレビ

「BRAVIA KD-X9200A」シリーズ。予想実売価格は65V型が750,000円前後、55V型が500,000円前後
  • 「BRAVIA KD-X9200A」シリーズ。予想実売価格は65V型が750,000円前後、55V型が500,000円前後
  • 背面にもスピーカーユニット
  • 横からのカット
  • スピーカーユニット
  • 4K解説図
  • 「トリルミナスディスプレイ」色域
  • 磁性流体スピーカー
 ソニーは11日、4K対応液晶テレビ「BRAVIA KD-X9200A」シリーズ2機種(65V型、55V型)を発表した。発売は6月1日で、価格はオープン、予想実売価格は65V型が750,000円前後、55V型が500,000円前後。

 「BRAVIA KD-X9200A」シリーズは、解像度3,840×2,160ピクセルパネルを採用した4K対応テレビ。同社は2012年9月に84型「KD-84X9000」(希望小売価格は1,680,000円)を発表したが、より購入しやすい価格で「KD-X9200A」シリーズを投入してきた。

 色再現能力を向上させた新開発「トリルミナスディスプレイ」による広色域映像と、業界初採用の磁性流体スピーカーによるクリアで伸びのあるサウンドを組み合わせ、さらなる臨場感を実現した。

 ソニー独自の4K対応超解像エンジン「4K X-Reality PRO」は、デジタルハイビジョン放送やブルーレイディスクのフルHD映像など様々な解像度のコンテンツを高精細な4K解像度の高画質映像に変換し表示する。また、新開発の「トリルミナスディスプレイ」は、単色LEDバックライトシステムを用いたこれまでの液晶テレビでは表現できなかった領域まで色の再現性を拡大。「4K X-Reality PRO」のカラーマネジメント性能と「トリルミナスディスプレイ」を組み合わせることで、繊細な色の違いの表現が可能になり、色彩豊かな映像を再現する。3Dにも対応し、4K映像にアップコンバートして再生する(メガネは別売り)。

 音質面では、独自開発の磁性流体スピーカーをテレビで初めて搭載。磁性流体を用いて振動板を支えるダンパーレス構造により、よりクリアで伸びのあるサウンドを実現する。また、一枚板ガラス構造の「オプティコントラストパネル」と磁性流体スピーカー、パッシブラジエーター、ツィーターからなるスピーカーユニットを融合させ、テレビ前面に大型フロントサイドスピーカーとして配置した。

 有線/無線LAN機能を搭載するほか、スマートフォンとの連携も行われ、「Xperia」や「Xperia Tablet」の画面をテレビに表示する「ワンタッチミラーリング」に対応。無料アプリ「TV SideView」をダウンロードして、放送予定番組、録画番組、YouTube、ウェブ検索などの検索結果をアプリケーション上にまとめて表示。見たいコンテンツを選んで簡単に大画面に転送して表示・閲覧することもできる。

 地上・BS・110度CSデジタルチューナーは2基搭載。スピーカーはツィーター×2、ウーファー×2、サブウーファー×2で、最大出力は12.5W+12.5W+20W+20W。インターフェースはHDMI×4)、D端子(D5)×1、ビデオ入力端子×1、LAN端子×1、USB端子×3、光デジタル音声出力端子×1、MHL入力端子×1(HDMI端子兼用)。本体サイズは65V型が幅168.2cm×高さ90.3cm×奥行40.5cm、重量は46.4kg(スタンド含む)、55V型が幅146.3cm×高さ77.8cm×奥行40.5cm、重量は34.5kg(同)。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top