日本トイザらス、キッズ向けAndroidタブレット「MEEP!」日本初発売……使用状況を遠隔で管理可能 | RBB TODAY

日本トイザらス、キッズ向けAndroidタブレット「MEEP!」日本初発売……使用状況を遠隔で管理可能

エンタープライズ モバイルBIZ

日本トイザらスのキッズ向けAndroidタブレット「MEEP!」
  • 日本トイザらスのキッズ向けAndroidタブレット「MEEP!」
  • 「トイザらス-トイザらス・オンラインショッピング」の販売ページ
  • 「MEEP!」外観
 日本トイザらスは10日、Android搭載のキッズ向けタブレット「MEEP!(ミープ)」を発表した。全国のトイザらス、ベビーザらス店舗、オンラインストアにおいて、4月26日より販売開始する。価格は14,999円(税込)。「国内初となる本格的なキッズ向けタブレット」だという。

 「MEEP!」は、インターネット(Wi-Fi対応)の他、ゲーム、電子書籍、映画、音楽、チャット、アプリなどが利用可能なタブレット。ペアレンタルコントロール機能も搭載しており、保護者は、自分のパソコンやタブレット、スマートフォンなどから、「MEEP!」の管理サイトにアクセスし、子どものインターネットやアプリなどの使用制限、使用履歴、使用時間などを、細部にわたり管理できる。2012年9月に米国で発売され、発売後2~3か月で25万台以上の販売数を記録した。

 『Angry Birds(アングリーバード)』『UNO』といった人気ゲーム、子ども向けポータルサイト『Yahoo!きっず』のブラウザーアプリなど、約50種類のコンテンツがプリインストールされている。マーケットストア「MEEP!ストア」からは、子ども向け無料アプリの他、あらかじめ保護者が購入した仮想通貨を使用することで有料アプリをダウンロードできる。「Google Play」からもアプリやコンテンツをダウンロード可能。ダウンロードに、保護者の承認を必要とするといった条件設定もできる。

 製品サイズは140×219×28mm。OSはAndroid 4.0、ストレージ容量は4GB。512MB RAM、1.0GHz Cortex A8プロセッサを搭載。インストール用のメモリスロットを別途搭載し、マイクロSDカードが利用可能(32GBまで)。スクリーンサイズは7インチ(800×480px)。タブレットでは初となるzForce技術による最新タッチスクリーンを採用し、指、ペンや絵筆、手袋をつけたままでもタッチ操作が可能。また、使用環境にあわせてスクリーンを自動的に最適化し、太陽光の下でも見やすく調整する機能も搭載する。オンラインストア特設ページでは現在、先行予約受付を実施中。


「MEEP!」公式サイト
http://www.meeptablet.com/jp/
MEEP! ミープ!|トイザらス オンラインストア
http://www.toysrus.co.jp/f/meep/
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top