最終回から13年後、『ママレード・ボーイ little』新連載スタート……本日発売「Cocohana」 | RBB TODAY

最終回から13年後、『ママレード・ボーイ little』新連載スタート……本日発売「Cocohana」

エンタメ その他

3月28日発売の「Cocohana(ココハナ)」5月号から連載スタート
  • 3月28日発売の「Cocohana(ココハナ)」5月号から連載スタート
  • 13年後の世界を描いた『ママレード・ボーイ little』は、立夏と朔を中心にしたストーリー
  • 前作『ママレード・ボーイ』第1巻が別冊付録に
  • 吉住渉先生のコメント
 1995年に連載終了した吉住渉の人気少女マンガ『ママレード・ボーイ』。その13年後を描いた新章『ママレード・ボーイlittle』が、本日発売の月刊マンガ誌「Cocohana(ココハナ)」5月号から連載開始となった。

 『ママレード・ボーイ』は、少女マンガ誌「りぼん」で92~95年に連載され、シリーズ累計約970万部発行、1994年にTVアニメ化、2001年には台湾でドラマ化もされた人気マンガ。お互いの両親たちのW離婚&W再婚で、新松浦夫婦と新小石川夫婦の「両親S(りょうしんズ)」を含めた同居生活を始めることになった、小石川光希と松浦遊の心模様を描いている。今回スタートした『ママレード・ボーイlittle』は、光希と遊の妹&弟が主人公となるスピンオフ作品だ。

 パートナーを交換した光希と遊の両親たちにそれぞれこどもができる。「立夏」と「朔」と名づけられた子たちは、13年後、中学生になっており、光希と遊と同じ桐稜大学付属の中等部に入学する。光希と遊にとっては立夏も朔も実のきょうだいだが、立夏と朔には血の繋がりはない。生まれたときからいっしょに暮らしている2人は、本物のきょうだいのようだ。そんなある日、立夏が出会ったのは……?

 今回の新連載について吉住氏は、「前作の13年後が舞台で、本編の最終回の直後くらいに生まれた光希と遊の弟・朔と妹・立夏が主人公になります。もちろん本編のメインキャラ達は、少しずつ登場させたいと思っています。本編のキャラ達のその後を見て『懐かしいな、みんな元気で良かった』とほっこりしてもらえて、立夏と朔のことは親戚の子供のような感じで温かく成長を見守ってもらえれば、と思っています」とのコメントを寄せている。

 なお、連載開始号となる「Cocohana(ココハナ)」5月号(3月28日発売。特別定価530円・税込)には、前作『ママレード・ボーイ』の単行本第1巻が別冊付録となっている。りぼんマスコットコミックス1巻分196ページがまるごと読める大ボリュームの付録だ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top