サイトのシニア向けアクセシビリティ、1位は「日本生命保険」 | RBB TODAY

サイトのシニア向けアクセシビリティ、1位は「日本生命保険」

ブロードバンド テクノロジー

総合順位のトップ3サイト
  • 総合順位のトップ3サイト
  • スマホ順位のトップ3サイト
  • パソコン順位
  • スマートフォン順位
  • 総合順位(1~10位)
 トライベック・ストラテジーは26日、Webサイトのシニア(65歳以上)向けアクセシビリティについて調査した結果を発表した。調査期間は2012年10月~12月下旬で、ECサイト、企業サイト、サービスサイトなどから10分類31サイトを抽出し評価した。

 視力や体力などの身体機能が低下するシニアにとって、「見づらい」「分かりづらい」といったアクセシビリティの低さは、企業のビジネス機会の損失につながる場合もある。この調査では、診断プログラムを用いて、JIS X8341-3:2010ガイドラインを基に、サイトからの情報取得に対する配慮や工夫などが見られるかを総合的に評価し、スコアリングした。「トップページにおける初動喚起力」「メニューページにおける情報探索性」「商品ページにおける情報伝達力」「フォーム入力における負担軽減」「情報理解・可読性の確保」「シンプルな操作」という6評価軸34項目を診断した。

 その結果、全31サイトの平均点は71.11ポイントになった。最高スコアは82.84点で、「日本生命保険」のサイトだった。ちなみに最低スコアは55.80点となっている。全般的に、保険業界などシニアを重要視している企業が運営するWebサイトは、十分な配慮がされていたとのこと。2位は「かんぽ生命」、3位は「本田技研工業」となっており、いずれも情報のシンプル化が非常によく考えられていると評価された。

 また、スマートフォンのシニア対応については、1位「日産自動車」、2位「本田技研工業」となり、初期からスマホ対応に取り組んでいた自動車業界が先んじており、上位に入った。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top