アジア主要都市をつなぐ光海底ケーブル「Asia Submarine-cable Express」が建設完了 | RBB TODAY

アジア主要都市をつなぐ光海底ケーブル「Asia Submarine-cable Express」が建設完了

ブロードバンド テクノロジー

ASEのルート図(NTT Com資料より)
  • ASEのルート図(NTT Com資料より)
  • ケーブル故障頻発エリアについて(NTT Com資料より)
 日本電気(NEC)と富士通は19日、日本とフィリピン、香港、マレーシア、シンガポールを結ぶ、総延長約7,800kmの大容量光海底ケーブルシステム「Asia Submarine-cable Express(ASE)」について、当初予定していたすべての区間の建設を完了したことを発表した。

 ASEは、NTTコミュニケーションズ(日本)、Philippine Long Distance Telephone Company(フィリピン)、Telekom Malaysia Berhad(マレーシア)、StarHub Limited(シンガポール)より2011年1月に受注。昨年8月に建設を完了し、すでにサービスを開始している日本、フィリピン、マレーシア、シンガポール間に加え、今回の香港への接続をもって完成した。

 ASEの香港ルートは、NTT Comが香港 将軍澳(チュンクワンオウ)に建設した「香港TKOデータセンター」(2013年春に提供開始予定)に直接陸揚げされており、そのままデータセンターのサーバルームと直結しているという。また、最新の40Gbpsデジタルコヒーレント伝送技術を適用することで、40Gbps、最大15Tbpsの大容量化に対応した。

 今後は、高信頼・低遅延でアジアの主要都市を結ぶ海底ケーブルシステムとして、NTTコミュニケーションズをはじめとする通信事業者のサービスに活用される予定だ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top