関東甲信地方と東北太平洋側で大雪……気象庁、6日予報[動画] | RBB TODAY

関東甲信地方と東北太平洋側で大雪……気象庁、6日予報[動画]

ブロードバンド テクノロジー

気象庁
  • 気象庁
  • 東京・中野坂上、11時30分頃
 気象庁予報部からの、6日4時25分の発表によると、6日は関東甲信地方と東北太平洋側では大雪となる所がある見込み。大雪による交通障害、樹木や電線への着雪、なだれへの注意を呼びかけている。

 気象庁によると、四国沖には前線を伴った低気圧があって東北東に進んでおり、6日夜には関東の東海上に達する見込みだ。

 西日本では大雪のおそれはなくなった。関東甲信地方と東北太平洋側では、6日は夕方にかけて雪が降り、平地でも積雪となり大雪となる所がある見込み。

 7日6時までの24時間の降雪量は、いずれも多い所で、関東甲信地方で30センチ、東北太平洋側で20センチ、中国地方、近畿地方で5センチを予想する。

 いっぽうウェザーニューズは、関東の雪はピークを越えたものの、やはり雪やミゾレ、雨が降りやすい空は続くという。内陸ほど積雪や路面の悪化に注意が必要だ。西日本では雨が止んでも雲が多く、北風で寒さが増すとの予想だ。

 午前11時00分ごろの交通機関は、新幹線、高速道路では天候の影響は見られない。航空路線も通常通りの運行だが、今後の天候次第で遅れや運休があるかもしれない。

東京・中野坂上、午前11時30分頃

《高木啓》

関連ニュース

特集

page top