NEC、台湾の光海底ケーブル「TPKM3」敷設プロジェクトを受注……総距離約510キロ | RBB TODAY

NEC、台湾の光海底ケーブル「TPKM3」敷設プロジェクトを受注……総距離約510キロ

ブロードバンド 回線・サービス

敷設ルート
  • 敷設ルート
  • 「中華電信」サイト
 日本電気(NEC)および台灣NEC股有限公司(NEC台湾)は28日、台湾最大の通信事業者である中華電信股有限公司(中華電信)から、台湾国内の光海底ケーブル「台澎金馬第三海纜(通称:TPKM3)」のケーブル建設を受注したことを発表した。

 「TPKM3」は、台湾北部の「桃園」から台湾海峡を越えた「馬祖」の2都市を結ぶケーブルと、台湾南部の「台南」から「澎湖」を経由して台湾海峡を越えた「金門」の3都市を結ぶケーブルで構成される。「馬祖」「金門」は大陸沿いにある離島の県で、両ケーブルともに、台湾国内をつなぐ無中継光海底ケーブルシステムとなる。

 NECは、総距離約510キロメートルの光海底ケーブルを供給し、約13か月で敷設工事を行う予定。NECは2000年9月に、台湾海峡をまたぐ無中継光海底ケーブル「TPKM2」を納入している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top